アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 大東駿介、ハプニングだらけのトルコ旅で現地の人に感謝 全財産落とすも戻る

大東駿介、ハプニングだらけのトルコ旅で現地の人に感謝 全財産落とすも戻る

 俳優の大東駿介が18日、東京・駐日トルコ共和国大使公邸で行われた『オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜』シーズン2日本初放送記念記者発表会に出席。ハプニングだらけのトルコ旅で出会った現地の人柄の良さに感謝した。

【写真】その他の写真を見る


 昨年8月にトルコ初のドラマとして初めて日本で放送され、嫉妬・欲望・愛憎渦巻く官廷闘争劇がトルコ版『大奥』と話題となった。20代のころにDVD向けの番組の企画でトルコを訪れて魅了されたという大東は「ディレクターとカメラマンと3人で1週間1人1万円で行った。空港で全財産を任されて首から財布をぶら下げていたんですが、トルコに着いて最初に食べたケバブ屋さんで財布を落とした」と、旅はハプニングからスタートしたと告白。

 「旅のプランもぐちゃぐちゃになって露頭に迷っていた時に、前から僕の財布を首から下げたトルコ人の方が歩いて来て、『うわー、終わった。見つけたけど、アカンわ』と。そしたらその人が僕のところに来て『これ、何だか知っているか』と指を指して、僕の財布だと思いますと言ったら『2度と落とすなよ』と僕の首にかけてくれた」と、助けられたことを明かした。

 さらに「感謝の気持ちを伝えましたが、まー、お金が減っているだろうと。確認したら一切手がつけられていない状態だった。海外でこういうことが起きたら諦めますよね。その瞬間から僕のトルコの旅が楽しくなった」と話し、「旅で驚いたことは『バス停はどこですか?』と聞いたら、自分の目的地じゃないところまで20分かけて歩いて連れて行ってくれた。さらに、バス停に並んでいる人に僕らの事情を説明してくれて、託してくれた。本当に愛情あふれる国だなと思いました」とトルコ人の人柄に魅了されたと話した。

 そんな大東はトルコの旅を人に勧める際にこだわりがあるそうで「観光マップで行くところはどこもすばらしい。例えば一週間で行くんだったら、行きたいところは2、3個にしておいて、後はその場で出会ったことで楽しんだらいいと思います。そういう旅をお勧めします」とアドバイスした。

 イベント前にトルコ大使と食事をしたという大東は、そこで印象的なことを話したそうで「パムッカレで食べた料理なんですが、レストランに入ったら、家の普通のリビングに案内されて。『そこの料理が忘れられないです』と大使に伝えたら、『それは、レストランじゃなくて普通の家だったんじゃないかな』と。それくらい、人を受け入れてくれると教えてくれました」と笑わせた。

 同ドラマは、J:COMなど全国ケーブルテレビやスカパー!などチャンネル銀河で、23日より月曜〜金曜深夜0時から放送する。



関連写真

  • トルコ旅でのハプニングを語る大東駿介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜』シーズン2日本初放送記念記者発表会に出席した大東駿介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜』シーズン2日本初放送記念記者発表会に出席した大東駿介 (C)ORICON NewS inc.
  • 『オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜』シーズン2日本初放送記念記者発表会に出席した大東駿介 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス