• ホーム
  • 芸能
  • 【半分、青い。】鈴愛が結婚! 秋風、ユーコ、ボクテら祝福メッセージはアドリブで

【半分、青い。】鈴愛が結婚! 秋風、ユーコ、ボクテら祝福メッセージはアドリブで

 NHKで放送中の連続テレビ小説『半分、青い。』(月〜土 前8:00 総合ほか)は、16日からの第16週「抱きしめたい!」で、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の結婚式が描かれ、鈴愛と涼次(間宮祥太朗)はめでたく夫婦となり、いよいよ2人の新生活が始まる。17日放送の第92回では、鈴愛の大好きな仲間たちがお祝いメッセージを寄せるシーンが登場。実は、このお祝いメッセージ部分、脚本の北川悦吏子氏からは「これだけは言ってほしい」という事柄が少しと、「役の気持ちになってスズメに祝福の言葉、お願いします」との指示が。つまり、キャストのアドリブで収録が行われていたのだった。

 第92回は、結婚式を終え、夫婦になった鈴愛と涼次。新居に移るまではこれまでどおりの暮らしを続けることに。そんな中、涼次が師匠と慕う映画監督の祥平(斎藤工)が結婚式で撮ったビデオテープを渡すため、涼次と大納言(鈴愛が働く100円ショップ)にやってくる。帰宅後、ひとりでビデオを再生する鈴愛だったが、画面に映る自分の姿が恥ずかしく見ていられない。たまらずビデオを早送りし始めた鈴愛の目に、大好きな仲間たちの鈴愛に寄せるメッセージが映し出される。

 メッセージを寄せたのは、鈴愛を見守り、支えてきた秋風(豊川悦司)、菱本(井川遥)、ユーコ(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)、ブッチャー(矢本悠馬)、菜生(奈緒)、貴美香(余貴美子)など。

 共演者からの結婚祝いのメッセージについて、鈴愛役の永野は「監督から『撮影本番までは、メッセージの内容は見せない』と言われていたんですが、ユーコもボクテもブッチャーも菜生ちゃんも『こんなこと言ったよ』って教えてくれるんです(笑)。しかも、ひしもっちゃんにいたっては、撮影シーンを少しモニターで見てしまいました…」と、サプライズになっていなかったことを告白。

 しかし、撮影本番では、「秋風先生が映っただけで感動してしまって、すごく大変な時期を共にしたからこそ、いろんな気持ちも湧いてくるし、ずっと泣いていました。私をとりあげてくれた貴美香先生の言葉で鈴愛の成長も実感できましたし、皆さんが本当に愛のこもったせりふをおっしゃっていて、『こんな人たちに出会えた鈴愛はとっても幸せ者だな』って思いました」と、ガチで感動したそう。

 秋風たちは、鈴愛にどんなメッセージを贈ったのか!? そのメッセージビデオを見ている鈴愛の表情は? あす17日も見逃せない回になりそうだ。



関連写真

  • 連続テレビ小説『半分、青い。』第16週「抱きしめたい!」で涼次(間宮祥太朗)と結婚式を挙げる鈴愛(永野芽郁)(C)NHK
  • 鈴愛に結婚おめでとうメッセージを寄せた人々(上段左から)、ボクテ(志尊淳)、菱本(井川遥)、秋風(豊川悦司)、ユーコ(清野菜名)(下段左から)ツインズ(MIO・YAE)、ブッチャー(矢本悠馬)&菜生(奈緒)、貴美香(余貴美子)、中野(河井克夫)&野方(猫田直)(C)NHK

オリコントピックス