• ホーム
  • 映画
  • ディズニーが『くるみ割り人形』を映画化 11・30日本公開決定

ディズニーが『くるみ割り人形』を映画化 11・30日本公開決定

 ディズニー・スタジオが「くるみ割り人形」を実写化した映画『The nutcracker and the four realms』の邦題が『くるみ割り人形と秘密の王国』に決定し、11月30日より日本公開されることが決定した。

 「くるみ割り人形」は、約200年前にドイツで生まれた童話からクラシック・バレエへと展開され、チャイコフスキーによる音楽や、多くの舞台や書籍など様々な形で時代を超えて愛され続けてきた、まさに不朽の物語。

 ディズニー・アニメーション『ファンタジア』でも描かれたこの物語の実写映画化を今回手がけたのは、『ギルバート・グレイプ』『ショコラ』、そして近作『僕のワンダフルライフ』などで知られるラッセ・ハルストレム監督。ファンタジーのディズニーと名匠がタッグを組んだ。

 今回解禁となった第1弾ポスターでは、中央に立つ主人公クララの背後には豪華なロシア風のお城が描かれ、お城へと続く橋の上にはおもちゃの兵隊が並んでいる。幻想的な空の下、雪に覆われた枝に止まりこちらを見据えるフクロウやクララの意味深な視線に、何かが起こる気配を感じる。

 クララを演じるのは、『インターステラー』で主人公の娘役で強い印象を残した現在17歳のマッケンジー・フォイ。まだ初々しさが残る透明感あふれる容姿とまっすぐな眼差しは観客を引きつけ、『美女と野獣』のエマ・ワトソンや『シンデレラ』のリリー・ジェームズとは違った新しいヒロイン像を見せてくれそうだ。

 共演はキーラ・ナイトレイをはじめ、オスカー俳優のヘレン・ミレンモーガン・フリーマンら、豪華俳優陣が脇を固める。ミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンというトップ・ダンサーの出演もバレエ・ファンの間で話題になっているほか、2度のオスカーに輝いたジェニー・ビーヴァン氏が衣装を担当。チャイコフスキーの名曲の数々を含む、豪華で煌びやかな音楽への期待も高まる。



オリコントピックス