• ホーム
  • 映画
  • 映画『ヒロアカ』ロサンゼルスで世界最速上映 日米の声優陣が共演

映画『ヒロアカ』ロサンゼルスで世界最速上映 日米の声優陣が共演

 堀越耕平氏の人気漫画を基にした人気アニメシリーズ初の劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』(8月3日公開)が、米・ロサンゼルスで開催された北米最大のアニメコンベンション『Anime Expo 2018』で現地時間5日、ワールドプレミアを実施した。世界最速で上映され、主人公・デク役の声優を務めている山下大輝、劇場版ゲスト声優の志田未来生瀬勝久の3名が日本から駆けつけ、アメリカ版のデク役の声優を務めているジャスティン・ブライナー、八百万役の声優兼ディレクターのコリーン・クリンケンビアードと共に舞台あいさつに登壇し、日米声優陣の共演が実現した。

【写真】その他の写真を見る


 会場には、『ヒロアカ』のさまざまなキャラクターのコスプレをした熱狂的な現地のファン3400人が集結。この上映会のために5時間以上並んだ観客や、満員により会場に入れなかったファンも多数存在した。上映後のパネルディスカッションでは、まず山下が「ヒロアカをもっと盛り上げていきましょう!」と英語で呼びかけ、志田も英語で「私も皆さんと同じアニメファンです」、最後に生瀬が「I am Shohei Ohtani」とあいさつして場内は爆笑に包まれた。

 日米キャストが「ヒロアカ」の魅力などを大いに語り、山下は「このクライマックスはこの劇場版でしかきっと成しえないシーンなので、とても感動的でした。前を進む彼ら(登場キャラクター)を見ていると、僕らもパワーをもらえることがこの作品の醍醐味だと思います」とアピール。最後には、作中内スローガンである「PLUS ULTRA!」を3400人の観客と叫び、幕を閉じた。北米では2018年秋に公開を予定し、フランスや英国、韓国、香港、オーストラリア、ブラジル、南アフリカなど世界107の国と地域での配給が決定している。

 また、志田と生瀬は翌日6日に、日本から海を越えてアメリカで活躍する“2人の英雄”大谷翔平選手(ロサンゼルス・エンゼルス)、前田健太選手(ロサンゼルス・ドジャース)にエールを送るため、エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムへ。怪我から復帰したばかりの大谷選手VS前田選手のメジャー初対決として注目を集めた、同じロサンゼルスを本拠地とする“フリーウェイ・ダービー”をユニフォームに身を包んで観戦。志田は「興奮しました! メジャーリーグはお客さんの盛り上がり方がオープンで、熱気がこちらまで伝わってきました。普段は野球をあまり観ない私でも、大谷選手と前田選手の対決は貴重だと思い、自分の携帯の動画にしっかり収めました(笑)」と楽しみ、生瀬も「『阪神に勝てるのか!?』と思っていましたが、メジャーも良いですね(笑)今日は大谷選手は打てなかったですが、前田選手がバッタバタと三振をとっていって素晴らしかったです」と話していた。



関連写真

  • 劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英(ヒーロー)〜』ワールドプレミアの模様 (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • 劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』ワールドプレミアの模様 (C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • (左から)志田未来、生瀬勝久(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • 劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』北米版ポスター(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社
  • 劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄(ヒーロー)〜』日本版ポスター(C)2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会(C)堀越耕平/集英社

オリコントピックス