• ホーム
  • 映画
  • リトグリ、映画『マンマ・ミーア!』続編のジャパン・アンバサダーに

リトグリ、映画『マンマ・ミーア!』続編のジャパン・アンバサダーに

 5人組ボーカルグループLittle Glee Monsterが、ABBAのヒット曲で構成されたミュージカル映画『マンマ・ミーア!』の続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(8月24日公開)を応援するジャパン・アンバサダーに就任した。

 前作では、結婚式を目前に控えたソフィが、シングルマザーの母・ドナに内緒で、自分の父親の可能性があるドナの元恋人3人を結婚式に招待したことで巻き起こる騒動を描いた。続編では、妊娠したソフィが故郷に戻ってくる現在パートと、ドナと父親候補3人が出会う過去パートが描かれる。

 キャストには前作に続きドナ役にはアカデミー賞受賞のメリル・ストリープ、ソフィ役のアマンダ・セイフライド、ソフィの父親候補である3人としてサム役のピアース・ブロスナン、ビル役のステラン・スカルスガルド、ハリー役のコリン・ファース。ドナの親友ロージー役にジュリー・ウォルターズとターニャ役にクリスティーン・バランスキー、ソフィの恋人スカイ役にドミニク・クーパーと、豪華な面々が再集結した。

 若き日のドナ役にリリー・ジェームズ(『シンデレラ』『ベイビー・ドライバー』)を抜てきし、彼女が出会う3人の男性、若き日のサム役をジェレミー・アーヴァイン(『戦火の馬』)、若き日のビル役をジョシュ・ディラン(『マリアンヌ』)、若き日のハリー役をヒュー・スキナー(『マッド・ドライヴ』)が演じ、ソフィの祖母としてシェール(『バーレスク』)も登場。ギリシャの美しいカロカイリ島を舞台に、「ダンシング・クイーン」をはじめとするおなじみのABBAの大ヒットナンバーと、前作には登場しなかった名曲の数々で新しい物語を紡ぐ。

 リトグリがジャパン・アンバサダーに起用された理由は、“歌で人々の心を歓喜させる”というグループコンセプトが、“すべての人の心を至福で満たし、すべての人の人生を祝福する”という作品コンセプトに合致していたこと。

 メンバーのかれんは「誰もが知っているABBAの名曲たちにキャラクターの息が吹き込まれていくのが不思議でおもしろくて、引き込まれます」と作品の感想を伝え、アンバサダー就任に「本当に光栄です。作品の魅力を、日本の多くの皆さんに届けて、ハッピーになっていただけるよう精一杯努めたいと思います!」と意気込んでいる。今後は、今月実施されるロンドンプレミアに日本を代表して参加し、レッドカーペットを歩く予定。



関連写真

  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のジャパン・アンバサダーに就任したLittle Glee Monster
  • 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』は8月24日公開 (C)Universal Pictures

オリコントピックス