• ホーム
  • 芸能
  • ドラマ版『銀魂2』限定、マダオ役にアニメ版の立木文彦を抜てき 8・18配信開始

ドラマ版『銀魂2』限定、マダオ役にアニメ版の立木文彦を抜てき 8・18配信開始

 映像配信サービス「dTV」で8月18日(午前0時〜)から配信されるdTVオリジナルドラマ『銀魂2』の正式タイトルが『銀魂2 ?世にも奇妙な銀魂ちゃん-』に決定。空知英秋氏の原作漫画(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)でも屈指の人気を誇るキャラクター、マダオが登場し、アニメシリーズで同キャラクターの声優を務める立木文彦が演じる。そのキャラクタービジュアルも初公開された。

 さらに劇場版実写映画『銀魂2』に出演する堤真一もドラマ版に出演することが明らかに。ドラマ版『銀魂2』はギャグ祭り。原作ファンからも熱い支持を受ける3篇のギャグ回をガチで映像化する。

 昨年、dTVで配信されたドラマ版『銀魂-ミツバ篇-』は、『銀魂』屈指の泣けるエピソードと名高いミツバ篇を映像化したもので、姉弟の絆、男の熱い友情、そして悲恋を描き、多くの銀魂ファンが涙した。

 打って変わって、今年のドラマ版はギャグ一辺倒。眠れないループに入った神楽(橋本環奈)が「眠れないアル」を連呼しながら、坂田銀時(小栗旬)を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、禁煙ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、真選組・土方十四郎(柳楽優弥)が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成。原作の数あるエピソードでも『銀魂』の真骨頂であるギャグが冴えわたる渾身のエピソードを、脚本も手掛けた福田雄一監督が見事に描き切っている。

 小栗、橋本、柳楽のほか、沖田総悟役の吉沢亮、近藤勲役の中村勘九郎といった面々が出演。さらにドラマ版のみの出演キャラクターとして、マダオこと長谷川泰三が満を持して登場する。マダオとは「まるでダメなおっさん」の頭字語で、何をやってもうまくいかないキャラクターではあるものの、かつては幕府の要職も務めたこともある謎の多い人物。銀魂ファンの間では「マダオの回はハズレ無し」と言われるほどの人気を誇っている。

 今回、マダオを演じることになった立木は、数々のアニメキャラクターやバラエティー番組のナレーションなどを務め、声による演技が本職。役者としての演技経験がほとんど無かった立木だが、ドラマ本編で小栗や柳楽と共演を果たした。公開されたマダオのビジュアルでもマダオらしい“ダメさ”がいい感じににじみ出た、そこはかとない哀愁を漂わせている。

 立木は「もともと実写版『銀魂』の予告編のナレーションを去年やっていたので、今回のオファーをいただいた時に『あれ、もしかして…?(今年もナレーションかな?)』と思いました。でも、福田監督からお声があったということで、ビックリしました! 今回、映像として、声だけじゃなく出演しましたが、自分なりの今やれることの精一杯のことは、かなりやったつもりではいますので、長谷川泰三(=マダオ)を、愛をもって見守っていてください!」と、コメントを寄せている。

 劇場版実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)に、警察庁長官で真選組の上司にあたるキャラクター、松平片栗虎役で出演する堤は、独特な存在感で銀魂ワールドをより盛り上げているのだが、ドラマ版でも全編にわたって重要なポジションで出演しているとのこと。詳細については後日発表となる。

 dTVでは、劇場版実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の公開に合わせ、昨年実写邦画1位の成績を記録した映画『銀魂』を8月20日より来年2月19日までの半年間、見放題配信。『銀魂-ミツバ篇-』、アニメシリーズ(第1話〜第316話)、ムービーコミックも配信中。

■特集サイトURL
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007030



オリコントピックス