• ホーム
  • 芸能
  • テレ東『ゼロ係』新係長に片岡鶴太郎「漣さんの分も頑張る」

テレ東『ゼロ係』新係長に片岡鶴太郎「漣さんの分も頑張る」

 俳優の片岡鶴太郎が、テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁〜生活安全課なんでも相談室〜 THIRD SEASON』(7月20日スタート、毎週金曜 後8:00)にレギュラー出演する。セカンドシーズンまで大杉漣さんが演じていた“ゼロ係”の亀山良夫係長に代わる、通販好きで酒癖の悪い新係長・横山建夫役。片岡は「大杉漣さんが旅立たれて、僕も古くからのお付き合いがあったので、非常に残念でした。漣さんの後のレギュラーということで恐れ多いのですが、漣さんの分も頑張ってできればいいと思っています」と、コメントを寄せている。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署の「なんでも相談室」、通称ゼロ係を舞台に、空気は読めないのに事件は読める“究極のKY刑事”小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男まさりで口の悪いベテラン刑事・寺田寅三(とらみ)(松下由樹)の“迷コンビ”が、ゼロ係のメンバーと共にさまざまな難事件を解決していく物語。

 新係長の横山は、酒で問題を起こして警視庁第一方面から第十方面までの102の警察署を渡り歩き、最後に杉並中央署「なんでも相談室」送りとなった。通販の届け先を職場にしており、購入した物が事件解決のヒントになることもあるらしい。片岡も「自分の役柄は、一杯飲んで酒乱になるくらいだから。イメージ的には“ポンコツ”ですよね(苦笑)。台本は漣さんの後ということをまったく感じさせないので、新たなゼロ係が展開されることを楽しみにしていただければと思います」と、話している。ちなみに小泉・松下とは初共演。

 さらに、今シーズンから平岡祐太石坂浩二(特別出演)のレギュラー出演が決定。平岡が演じるのは、キャリア試験にトップ合格した捜査一課の管理官・金田一修。冬彦を先輩と慕い、一見、良き理解者が現れたように見える、今までいなかったタイプのキャラクター。「冬彦たちとは違う雰囲気が出せたらいいなと思っています。いろいろとミステリアスな役だと思うので、『あの人何者なんだ?』と思ってもらえれば」と、意気込みを語る。

 石坂は、冬彦以上にKYで変人な元天才監察医・湯川春樹役でアクセントをつける。「『ゼロ係』は設定がユニークで、事件の解決よりもチームの面白さを伝える番組という印象です。すでにエンターテインメントとしてのピラミッドができているので、そのピラミッドがより大きくなるように努力します。主演の小泉さんは今回初共演です。一緒に演じるのがとても楽しみです」と、コメントを寄せた。

 第1話には、精神科医の実相寺忠役で嶋田久作、敏腕弁護士のジェームズ富沢役でマイケル富岡がゲスト出演することも発表されている。

■第1話あらすじ

 厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称「ゼロ係」の冬彦と寅三は、ビニールで全身を巻かれた女性の絞殺体を発見する。同じ手口の被害者は今回で3人目。全員が右手の小指を切断されていた。ゼロ係にもたらされたある情報筋により、全員が精神科医・実相寺の関係者と分かり、実相寺は逮捕されるが、同じ手口の新たな犠牲者が出て…。



関連写真

  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁〜生活安全課なんでも相談室〜 THIRD SEASON』(7月20日スタート)でゼロ係の新係長・横山役でレギュラー出演する片岡鶴太郎(C)テレビ東京
  • キャリア試験にトップ合格した捜査一課の管理官・金田一修役で平岡祐太がレギュラー出演(C)テレビ東京
  • 冬彦以上にKYで変人な元天才監察医・湯川春樹役で石坂浩二がレギュラー出演(特別出演)(C)テレビ東京
  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁〜生活安全課なんでも相談室〜 THIRD SEASON』(7月20日スタート)第1話にゲスト出演する嶋田久作(C)テレビ東京
  • テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁〜生活安全課なんでも相談室〜 THIRD SEASON』(7月20日スタート)第1話にゲスト出演するマイケル富岡(C)テレビ東京

オリコントピックス