• ホーム
  • 芸能
  • アンジャッシュ児嶋、“老眼デビュー”間近 アンパンマンファンの子どもたちポカン…

アンジャッシュ児嶋、“老眼デビュー”間近 アンパンマンファンの子どもたちポカン…

 映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』が30日、公開初日を迎え、アンパンマンの声優・戸田恵子(60)、ゲスト声優のアンジャッシュ児嶋一哉(45)らが都内で行われた舞台あいさつに登壇。児嶋は「目が悪くなってきたので老眼デビューする」「35年ローンの家を買った」と大人ならではの悩みを明かし、会場に集まったアンパンマンファンの子どもたちを置いてきぼりにした。

【写真】その他の写真を見る


 「デビューしたいこと」を聞かれ、戸田は「梅干し作り」、ゲスト声優の(32)は「ミシンを買いまして、子どもの洋服とか作れるよう頑張りたい」と回答。児嶋は「2人とも渋いですよ」と振りを作ってから、自身は「目が悪くなってきたので、老眼デビュー。もうそろそろやばい。子供新聞を読んでいるのですが、漢字のルビが読めない」と告白した。

 その後も、今年の夏休みの予定について「35年ローンで家を買っちゃったので、休んでいる場合じゃないので働きます」と苦笑。「79歳で支払いが終わる。平均寿命が80歳らしいので、払い終えて1年間だけ楽しみます」とプランを明かし、会場の子どもたちをポカンとさせ、「ごめんね、老眼とかローンの話しちゃって」と謝った。

 映画アンパンマン30周年記念作品として制作される同作は“原点回帰”をテーマに、好奇心旺盛でちょっと不思議な子“クルン”とアンパンマンたちが、いのちの星の故郷を救うために奮闘する物語。

 映画化30周年を迎え、戸田は「感慨ひとしおです」としみじみ。「30年もやっていれば、つらいことも悲しいこともあります。アンパンマンは私にとってはやなせたかし先生そのもの。先生はいつも『人が喜ぶことをやりなさい。人生は喜ばせごっこ』だとおっしゃっていました」と教えを明かし、「アンパンマンは100年続く番組だと思っています。これからも力の限り頑張っていきます」と宣言していた。

 舞台あいさつにはドリーミングも登壇し、子どもたちも一緒になって全員で「アンパンマンのマーチ」を合唱した。



関連写真

  • 公開初日を迎えた映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』 (C)ORICON NewS inc.
  • ドリーミングも登壇して全員で「アンパンマンのマーチ」を合唱 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』初日舞台あいさつに登壇したアンジャッシュ児嶋一哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 30年間アンパンマンの声を担当してきた戸田恵子は感慨深げ (C)ORICON NewS inc.
  • ゲスト声優・杏=映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』初日舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス