• ホーム
  • 芸能
  • 日本版『コールドケース2』10・13スタート 1〜3話のゲスト発表

日本版『コールドケース2』10・13スタート 1〜3話のゲスト発表

 ワーナー・ブラザース・テレビジョン製作の世界的人気ドラマ『コールドケース』の日本版で、その第2弾となる『連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜』が、10月13日よりWOWOWプライムで毎週土曜午後10時から放送されることが明らかになった(全10話)。シーズン2で描かれるエピソードとゲスト情報第1弾が解禁された。

 第1話のサブタイトルは「学生運動」。時代は1971年にさかのぼり、物語は横須賀港で繰り広げられる米原子力潜水艦寄港反対デモでの機動隊と学生による激しい攻防戦から始まる。学生運動の中心人物の一人である青年が47年の時を経て白骨遺体で発見され、石川百合(吉田羊)率いる捜査一課の再捜査が開始する。

 三浦友和演じる捜査一課のボス・本木が頼りにする元公安刑事であり、現在は警察学校の教員を務める杉崎雄一役を橋爪功が演じ、47年前の若者たちが熱を帯びた時代について語る。学生運動に人生を捧げるも葛藤する青年・橋本誠司役を若手俳優・吉村界人が熱演。さらにシーズン2の幕開けに相応しい1971年当時を再現した学生運動の鬼気迫る迫力ある闘争映像にも注目だ。

 第2話のサブタイトルは「名前のない殺人者」。自ら捜査一課に出頭し、22年前の殺人を告白した謎の男・藤原寛治役を宮藤官九郎が怪演する。次々と挑発を繰り返し、捜査一課の面々を振り回す役どころ。取調室で繰り広げられる百合との対峙は息も付かせぬ緊張感である。果たして藤原の企みとは一体何なのか。

 第3話のサブタイトルは「PKO」。2007年イラク派遣の任務中に事故に遭い、車いす生活を余儀なくされた自衛官・野々宮一希役を萩原聖人が演じる。イラク派遣中に一体何があったのか…。そんな一希の帰国後、謎の死を遂げた妻・野々宮恵理役を矢田亜希子が演じ、萩原とは5年ぶりの夫婦役共演とのことで、息の合った演技をみせる。

 そして本シリーズでは新たな人物が登場する。シーズン1の最終話で犯人を撃ち殺し、心に傷を負った主人公の百合や、恋人を自死で失った高木信次郎(永山絢斗)の心のケアを担当する警察病院のカウンセラー・朝倉弘人役で若葉竜也が出演する。



関連写真

  • 『連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜』(10月13日スタート)第1話〜第3話のゲスト出演者(C)WOWOW
  • キービジュアル(C)WOWOW
タグ

オリコントピックス