アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • “音を立てたら即死”なのに陣痛が… 映画『クワイエット・プレイス』日本版特報解禁

“音を立てたら即死”なのに陣痛が… 映画『クワイエット・プレイス』日本版特報解禁

 女優のエミリー・ブラントが主演する映画『クワイエット・プレイス』(9月28日公開)の日本版特報&本ポスタービジュアルが解禁された。“音を立てたら即死”という極限の恐怖を描いている。

 音に反応し人間を襲う“何か”によって荒廃した世界で、生き残った1組の家族がいた。その“何か”は、呼吸の音さえ逃がさない。誰かが一瞬でも音を立てると、即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らすエヴリン&リーの夫婦と子どもたちだが、なんとエヴリンは出産を目前に控えているのであった。

 全米公開後、低予算ながら初登場No.1でオープニング成績5000万ドルを記録した(※6月13日現在 BOX OFFICE MOJO調べ)。スティーヴン・キング氏やクリス・プラットライアン・レイノルズら著名人がSNSで絶賛したことで注目された。

 声優・森川智之がナレーションを務める日本版特報は、音をたてず生活する家族が映され、最後には陣痛が始まるエヴリンの姿が収められている。エヴリン役で『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のブラントがエヴリン役で主演し、実生活でもブラントの夫であるジョン・クラシンスキーが夫役と監督を務める。製作には『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ氏が名を連ねた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス