アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 染谷将太、『パンク侍』ぶっ飛びキャラの誕生秘話「つかみどころがない人間にしたかった」

染谷将太、『パンク侍』ぶっ飛びキャラの誕生秘話「つかみどころがない人間にしたかった」

 町田康氏の小説を綾野剛主演で映画化した『パンク侍、斬られて候』(30日公開)で、これまでの侍像を覆す“ぶっとびキャラクター”幕暮孫兵衛を演じる染谷将太が、自身のキャラクターの誕生秘話について語った。

 同作は、規格外の能力を持つ侍・掛十之進(綾野)が自ら招いた大惨事に翻弄されるさまが描かれる。脚本はNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』や、2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』を手がける宮藤官九郎氏、監督は『爆裂都市 BURST CITY』(1982年)、『シャニダールの花』(2013年)などの石井岳龍氏が務める。

 染谷演じる幕暮は、武家の出身ながら自身が窮地に追いやられると、突然思考を停止し「ギャン!」と白目を剥きながら気を失うことによりその場をやり過ごすという、侍にあるまじき侍。忍耐力にかけ、場の空気も読めず、思ったことがすぐ口に出てしまう。

 このキャラクターを創り上げるにあたって、染谷は「つかみどころがない人間にしたかったんです。ピュアというか、いろいろ頑張ってはいるけどいつの間にかボロが出てしまって、ある時自分は無理をしていたんだとはたと気づく。天然のようなどこかつかみどころのないキャラクターにしてしまったんです」と振り返り、「台本全体を読んだ時に、そういう風にした方がよりこの作品のためになるのではと思って演じました。現場ではシーンごとでキャラが違うというか、毎回ちょっと違うというか、“役をつなげようとしない”ことを心掛けていました」。

 さらに、「撮影現場では、台本からは想像もできないようなものが毎日生まれていくのが刺激的で、普通に演技しなくてもいいのかな?と思わせてくれるような現場でしたね(笑)」と、現場の自由で創造的な雰囲気が役作りに一役買っていたという。

 石井監督は「染谷くんは別人のようでした! この人のコメディーセンスはこんなにすごかったんだと驚きました!」と、意外な一面を激賞する。続けて、「幕暮のキャラクターは、ほとんど染谷さん自身が考えたものなのです。しかも、一回観ただけでは分からないかもしれませんが、全体の中の一人として映っているシーンでも、隠れた名演をしているんです。目立たないようにしながらも、でもよく見るとすごい変で。もう現場は大爆笑でした(笑)」と、徹底的な役作りの秘話を明かした。

 主人公の掛を含め、同作の登場人物はみんな個性的。その特異なキャラクターたちの中でもひと際強烈な個性を放つ幕暮であったが、その裏には染谷の並々ならぬ役作りへのこだわりがあった。「地に足がついてない若者が、ふらふらしているうちに何か希望のようなものを見つけ出していくような、そういう希望のようなものを感じてくれるとうれしいですね」と見どころを紹介した。



オリコントピックス