アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 花&紫耀&大志『花晴れ』クランクアップ「皆さんのことが大好き」

花&紫耀&大志『花晴れ』クランクアップ「皆さんのことが大好き」

 女優の杉咲花が主演するTBS系連続ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(毎週火曜 後10:00)が、26日の最終回を前にこのほどクランクアップした。主人公・江戸川音を演じる杉咲、音を巡って愛とプライドを賭けた恋の決闘に臨んだ神楽木晴役の平野紫耀(King & Prince)、馳天馬役の中川大志が約4ヶ月に渡る撮影をすべて終了させた。3人は別々のシーンでの撮了だったが、それぞれが最後のシーンにかけつけその瞬間を見守った。そして杉咲のシーンでのオールアップには平野、中川のほか、飯豊まりえ、鈴木仁、中田圭祐もかけつけ、劇中のワンシーンのさながらに抱き合ったり、固い握手をしてこの数ヶ月を労いあった。

【写真】その他の写真を見る


 序盤は“隠れ庶民”として“庶民狩り”におびえていた音だったが、晴や天馬らとの関わりのなかで葛藤しながらも成長。杉咲は「皆さんのことが大好きでした。本当に大好きな現場でした。現場がすごく楽しくて、大好きなはずだったのですが、同じくらい毎日不安でした」と正直な気持ちを明かす。「でも皆さんが毎日変わらず『おはよう』って言って、『おつかれさま』って言って、いつも通りでいてくれて、そのおかげでもっと頑張らなきゃと思わせてもらってました。共演者の皆さんやスタッフさんのたくさんの愛情を感じて、私は本当に幸せ者だと、毎日思っていました。皆さんのおかげでここまで来れました。ありがとうございました」と役柄同様、たくましくなった姿をみせていた。

 平野は「もう終わるなんて、めちゃくちゃ寂しいですし、明日から何していいかわからないです。それくらい僕の中で生活の一部となっていたし、みんなも大好きでした」とすっかり“花晴れロス”に。「本当に神楽木晴が大好きで、僕で良かったのかなって不安はあったんですけど、なんとか無事皆さんに支えてもらいながら、今日という日を迎えることができました。皆さん4ヶ月間、本当にありがとうございました!」と感謝を込めた。

 中川も「今朝現場に来て、花ちゃんの隣でメイクしてたら、明日からこの花ちゃんの笑い声を聞けなくなるんだなと、急に寂しくなりましたね。馳天馬という役は、幸せな時間よりもつらい時間の方が多い役だったんですけど、花ちゃん演じる音ちゃんのことが心から大好きで、惚れてました」と“婚約者”との別れにさみしげ。そして「平野紫耀くんが演じる神楽木晴が僕にとってはもう魅力的過ぎて、脅かされ通しで(笑)。この『花のち晴れ』に参加できて、一生の宝物になりました」と達成感をにじませた。

 番組公式Instagram「音グラム(@oto_edogawa)」は、番組公式としては異例のフォロワー数71万人を突破した。番組公式ツイッターのフォロワー数と合わせると100万人に迫るフォロワーを保持。さらに、SNS上での盛り上がりを象徴するように、第9話の見逃し配信(TBS FREE・TVer・GYAO!の合計再生数)が、今期最高の197万回再生を突破。 これまでの最高再生回数だった第6話の154万回を上回り、驚異的な数字を記録している。



関連写真

  • 平野紫耀のクランクアップに駆けつけた(左から)鈴木仁、中川大志、平野紫耀、杉咲花、中田圭祐(C)TBS
  • 杉咲花(C)TBS

オリコントピックス