• ホーム
  • 芸能
  • 注目の新人女優・古賀哉子、『週プレ』表紙に大抜てき「意志を目力で伝える」

注目の新人女優・古賀哉子、『週プレ』表紙に大抜てき「意志を目力で伝える」

 テレビ朝日のアイドルオーディション番組『ラストアイドル』をきっかけにデビューした新人女優の古賀哉子(こが・やこ/20)が、25日発売の『週刊プレイボーイ』28号(集英社)の表紙を飾った。

 古賀は同番組で誕生したアイドルグループ・LaLuceに所属していたが、4月18日に行われたCD発売記念コンサートで、女優を目指すべく6月末での卒業を発表。先月発売の『ヤングジャンプ』でグラビアデビューし、今回が2度目のグラビアにして早くも『週プレ』の表紙に大抜てきされた。

 古賀は今回の撮影について「2回目だったので、緊張せずリラックスした状態で素の私に近い姿を表現する事ができました。等身大の自分を残しつつ、女優として挑んでいく強い意志を自分の目力を使って伝えることを意識して撮影に臨みました」と振り返った。

 同誌担当編集者は、今回の撮影テーマを『女優』に設定し「アイドルを卒業して間もない古賀哉子さんにとって、ざっくりとしたテーマでどんな風に表現してくれるのか、すごく楽しみでもありました。実際に現場では、一生懸命に自己表現をしてくれて、予想以上に気持ちが入っていて驚きました」とコメント。

 そして「写真の上がりはとても素晴らしく、1枚1枚の表情に変化があり、まるで別人のようにさまざまなバリエーションを持っていて、構成を組んでいる私自身がとても興奮しました」とポテンシャルに太鼓判を押している。

 同号にはそのほか、2人組ボーカルユニット・alom、女優の高橋ひかる、『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』に出演中のグラビアアイドル・小瀬田麻由などが登場する。



関連写真

  • 『週刊プレイボーイ』28号に登場する古賀哉子(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ 
  • 『週刊プレイボーイ』28号に登場する古賀哉子(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ 

オリコントピックス