• ホーム
  • 映画
  • 星野源、日テレ・森アナと“おっさんずラブ”状態に 互いに「大好きです」と告白

星野源、日テレ・森アナと“おっさんずラブ”状態に 互いに「大好きです」と告白

 『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守監督(50)の最新作『未来のミライ』(7月20日公開)のジャパンプレミアが25日、都内で行われ、声優を務める俳優の星野源(37)が出席した。

【写真】その他の写真を見る


 細田監督が自ら原作・脚本を手がける同作は、4歳の男の子「くんちゃん」と、未来からやってきた妹「ミライちゃん」が織りなすちょっと変わった「きょうだい」の物語。 星野はおとうさん役を務める。

 星野は「また、ものすごい作品を監督が作られたんだなと思った。それに参加させてもらえて、とても幸せ」と満面の笑み。家族をテーマにした作品について「世界中で多様性のある家族を描いている。映画でも、ドラマでも、ゲームでも。それだけ世界中で抱えている問題意識の現れだと思う」と持論を展開し「そういう家族像を監督は『バケモノの子』で、もう描いている。今回の作品は血がつながっている家族も、家族になるのは大変なんだってってことを描いている。本当にファミリームービーの最先端の作品なんだなと、あらためて思った」とうなった。

 そんな中、司会を務めた日本テレビの森圭介アナは「星野さんも(家族を)テーマにした曲も手がけられている」と合いの手。星野は「知っているんですね、ありがとうございます!」とにっこりすると森アナは「当たり前じゃないですか。大好きです!」と愛を伝えた。すると星野も「僕も大好きです!」と返答し、森アナも「きょうのこと忘れません」と返すなど、相思相愛の“おっさんずラブ”状態に突入。会場には黄色い声援が飛び交うなか、最後は星野が「『Family Song』という曲が絶賛発売中です」とちゃっかり宣伝していた。

 この日は上白石萌歌(18)、黒木華(28)、麻生久美子(40)も登壇した。今作で細田作品3作目となる黒木について、細田監督は「6年前に『おおかみこどもの雨と雪』で初めてお会いした。なんて、すごい人がいるんだってふうに思った。6年前の初々しさを失わずに日本を代表する大女優に。すごく新鮮なかたちで素晴らしいと思う」と絶賛。黒木は「恐縮です」と照れながら「ありがとうございます。よく眠れそうです」と喜びを噛み締めていた。



関連写真

  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した星野源 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した(左から)細田守監督、黒木華、上白石萌歌、星野源、麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した細田守監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した上白石萌歌 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した上白石萌歌 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『未来のミライ』のジャパンプレミアに出席した麻生久美子 (C)ORICON NewS inc.
  • 司会を務めた日本テレビの森圭介アナ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス