アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 二宮和也『ブラックペアン』最終話で自己新18.6% 有終の美

二宮和也『ブラックペアン』最終話で自己新18.6% 有終の美

 人気グループ・二宮和也が主演するTBS系連続ドラマ「日曜劇場『ブラックペアン』(毎週日曜 後9:00)第10話が24日に放送され、平均視聴率が18.6%だったことが25日、わかった。最終回にして自己最高視聴率を記録、有終の美を飾った(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは『チーム・バチスタの栄光』を代表作に持つ作家・海堂尊氏の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を実写化。二宮演じる、天才的な手技(縫合技術)を持つ外科医・渡海征司郎(とかいせいしろう)が、勤務する大学病院で「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が導入されようとしたことをきっかけに、外科医としてのプライドを守ろうと嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に立ち向かう医療エンターテインメントドラマ。

倒れた佐伯教授(内野聖陽)の緊急手術を行った渡海。しかしこれはあくまでも応急処置で、完治させるための再手術を行う条件として、自分が探している“飯沼達次”の居場所を明らかにすることを佐伯に求める。しかし佐伯は「命よりも大事なものがある」とそれを拒み、外科学会に出席するために無理を押して東京に向かう。

 一方、東城大では、美和(葵わかな)が藤原師長(神野三鈴)の命令で秘密裏に担当していたある患者の容体が急変。それは高階(小泉孝太郎)や香織(加藤綾子)の知るところとなる。そして、ブラックペアンの真実は渡海の手で白日の下にさらされることに…。



オリコントピックス