• ホーム
  • 芸能
  • 岸明日香、『警視庁ゼロ係』3rdシーズンもレギュラー出演

岸明日香、『警視庁ゼロ係』3rdシーズンもレギュラー出演

 グラビアアイドルの枠を超え、映画やドラマ、バラエティーにも出演し、活躍の場を広げている岸明日香が、テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜THIRD SEASON』(7月20日スタート、毎週金曜 後8:00)にレギュラー出演することが発表された。FIRST SEASONから3期連続で、「ゼロ係」が置かれている警視庁杉並中央署の地域課の巡査・鮫島弥生を演じる。

【写真】その他の写真を見る


 同ドラマは、警察小説・時代小説を多く生み出している作家・富樫倫太郎氏の『生活安全課0係』シリーズ(祥伝社)が原作。警視庁杉並中央署の「生活安全課なんでも相談室」は、各所で問題を起こすなど、お払い箱になった人材の放置部署。“ゼロはいくつかけてもゼロ”。すなわち役立たずは何人いても役に立たないという意味で、“ゼロ係”と揶揄(やゆ)されている。

 そんなゼロ係に送られた小泉孝太郎演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三(とらみ)ら、“役立たず”なゼロ係の仲間たちはTHIRD SEASONも健在。

 シーズンを通してストーリーのカギを握るのは、冬彦が科警研時代に書き溜めた大量の未解決事件に関するリポート。そこに書かれていた5年前から神奈川県警管内で次々に発生している若い女性の失踪事件が、未解決誘拐事件、そして殺人事件へとつながっていき…。冬彦と寅三の迷コンビ、そしてゼロ係のメンバーがシリーズ最大の謎に挑んでいく。

 岸が演じる弥生は、いつも笑顔の杉並中央署のアイドル的存在。THIRD SEASONでも愛きょうたっぷり、かわいらしさ満点、でも捜査には全く役に立たないキャラクターでドラマに華を添える。



関連写真

  • 岸明日香、テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜THIRD SEASON』(7月20日スタート)にレギュラー出演決定(C)テレビ東京
  • 警視庁杉並中央署の地域課の巡査・鮫嶋弥生を演じる
  • いつも笑顔のアイドル的存在の弥生(C)テレビ東京
  • 警視庁杉並中央署の地域課の巡査・鮫嶋弥生を演じる岸明日香=テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜THIRD SEASON』(7月20日スタート)(C)テレビ東京
  • 警視庁杉並中央署の地域課の巡査・鮫嶋弥生を演じる岸明日香=テレビ東京系金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜THIRD SEASON』(7月20日スタート)(C)テレビ東京

オリコントピックス