• ホーム
  • 芸能
  • 麻生久美子、山田孝之と“姉弟役” 『時効警察』以来11年ぶり金曜ナイトドラマに出演

麻生久美子、山田孝之と“姉弟役” 『時効警察』以来11年ぶり金曜ナイトドラマに出演

 女優の麻生久美子が、7月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』(7月27日スタート、毎週金曜 後11:15〜0:15※一部地域を除く)にレギュラー出演することが明らかになった。同作は、山田孝之菅田将暉がダブル主演し、今、もっともタイムリーな題材「デジタル遺品」をテーマに、多彩な物語を紡いでいく。麻生が同局のドラマに出演するのは、2006年と07年に放送された『時効警察』シリーズ以来、11年ぶり。「主演のお二人にひかれて、ぜひ、やらせていただきたいと思いました。お二人とも個性豊かな俳優さんなので、日々いい刺激をもらってます」と話している。

 自分が突然死んでしまったとき、誰にも見られたくないデータは一体どう処理したらいいのか…。デジタル化した現代社会で、すべての人にとって大きな懸念材料となっている「デジタル遺品」に初めて光を当てる。原案・パイロット脚本を務める作家・本多孝好氏を中心に、映像界の第一線で活躍する脚本家や監督たち参加。

 麻生は、フリーのプログラマー・坂上圭司(山田)の姉・坂上舞を演じる。舞は有能な弁護士で、亡き父が設立した「坂上法律事務所」を継いでいる。クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事を生業としている弟に、真逆ともいえる性格の何でも屋・真柴祐太郎(菅田)を引き合わせ、タッグを組ませる人物。圭司と祐太郎にとって、欠かすことのできない協力者として活躍する。

 「敏腕の弁護士なので、説明台詞も多く撮影は大変ですが、とてもやりがいを感じています。このまま最後まで走っていけたらと思います」と、意気込む。山田&菅田と共演することについては、次のように語っていた。

 「山田さんとは以前、映画で一瞬ご一緒したことはありましたが、ちゃんとお芝居をするのは今回が初めてです。山田さんの作られる独特の空気感に最初は少し緊張しましたが、それ故に、なんて良い雰囲気の現場なんだろうとワクワクもしました。山田さんの圭司、ずっと見ていたい(早口のせりふをずっと聞いていたい)くらいとても魅力的です」。

 菅田についても「以前ドラマで、姉弟役でご一緒させていただいたことがあります。今回もまた、とても面白く、また実在感のあるお芝居をされていて見ていてとても楽しいです。そして、場を盛り上げてくれるムードメーカーでもあり、すごく気遣いのできる方なので、現場の居心地がとても良いです」と、話していた。



関連写真

  • 金曜ナイトドラマ『dele』(7月27日スタート)で山田孝之演じる坂上圭司の姉で有能な弁護士・坂上舞を演じる麻生久美子(C)テレビ朝日
  • (左から)菅田将暉、山田孝之、麻生久美子の3ショット(C)テレビ朝日

オリコントピックス