アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【3年C組】青春感満載の新オープニング映像完成 生徒たちも大満足

【3年C組】青春感満載の新オープニング映像完成 生徒たちも大満足

 テレビ東京で生放送されている平日夕方の帯バラエティー『青春高校3年C組』(月〜金 後5:30〜5:55)では18日より、オープニング映像が一新されている。9週に及んだ入学試験を経て、3年C組の生徒となった27人が出演し、クリエイターユニット・HoneyWorksが描いたキービジュアルを実写化したような、絵に描いたような青春ができる場所、“青春高校”が表現されている。

 生徒たちにも「青春って感じ(笑)」(エゼマタ健太チャールズさん、以下チャーリー)、「キービジュアルの中に描かれていた金髪の男子まんまじゃん、と言ってもらえて、シンプルにうれしかった」(奥村力さん)、「素敵に仕上げていただいてありがとうございます」(村西理世さん)などと好評だ。

 撮影は、廃校になった小学校を生かした撮影スタジオで行われ、「バスケットボールとか、音楽室の楽器とか、全部そろっていて本当の学校みたいだった」(チャーリー)と、生徒たちも“その気”になったそう。ほとんどの生徒にとって、演技を伴うロケ撮影は初体験だった。

 “8等身イケメン”河野紳之介さんといい感じでおしゃべりしているシーンを撮影した村西さんは「2人は恋仲設定だったんですけど、自然な感じを出すのが難しかったです。カメラがあると身構えちゃって。けっこう晴れ待ちをしたんですけど、雲の切れ間から太陽が顔を出したタイミングで決めないといけなかったので、なんとか撮れてよかったな、と思います」と、にわか女優になりきった。

 奥村さんは同じ第9週の合格者・前川歌音さんと保健室で撮影。保健係の前川さんが、ケガをした奥村さんの手当をするというシチュエーションで、「相手の顔を見ると照れちゃって…」と思い出してまた照れた。「この時、歌音が『また、けんかしてきたの?』とかアドリブでせりふを言いながら絆創膏を貼ってくれて、なんとかこっちも役をつくることができました(笑)。この撮影があった日に初めて青春高校の制服に袖を通して、実感がわきてきたというか、『いよいよ、はじまる!』って思って、これからが本当に楽しみ」と、2度目の高校生活に胸を躍らせていた。

 生徒たちは、スマートフォンで日常的に動画を撮っている今どきの若者だが、「1分くらいの映像を作るのに1日かけて撮影して、テレビってすごいな、って思った」と、素直な感想を語ってくれたのは夘余野陽奈乃さん。「うちらは皆と一緒にいて楽しく過ごしているけど、うちらのためにスタッフさんたちがすごく働いてくれていて、なんか、恩返しの気持ちが湧いてきて、『移動して〜』と言われたら、すぐ動くとか、心がけていました」。“青春高校”は、普通の学校ではできないような経験ができる場所、でもあるようだ。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス