• ホーム
  • 芸能
  • 中井りか、半同せい報道に「関係はない、何もないです」

中井りか、半同せい報道に「関係はない、何もないです」

 NGT48中井りかが18日、レギュラー出演しているテレビ東京系『青春高校3年C組』(月〜金 後5:30〜5:55※関東ローカル)に生出演。番組では放送内容を変更し、16日の『第10回AKB48世界選抜総選挙』当日、インターネットで生配信された『文春砲Live』で男性ファンとの半同せいが報じられた件を特集した。放送終了後、「Paravi」でライブ配信された「放課後アフタートーク」でも追及は続き、中井は「関係はない、何もないです」と首を横に振るのみ。「じゃ、同せいしているだけ?」と、カズレーザーが迫っても「何もないです」と答えていた。

 カズに「誰に一番怒られた?」と聞かれた際には「母に縁を切られました」。「干されたりするの?」という質問には「わからないです。私は一生懸命やるだけなので」と、泣いたり、取り乱したりせず、ライブ配信も乗り切った。

 番組に出演している生徒たちは、今回のスキャンダルで「教師(副担任)を辞めさせられるんじゃないか、と心配してた」といい、結果、あす19日の放送から「生徒に降格」という“処分”に「変わらず好きです」「制服姿みた〜い」などの声が上がっていた。

 16日の『文春砲Live』では、中井が「イケメンファンと熱愛半同せい」と報道。相手はイケメンファンとして知られるA氏で「業界では有名なファン」と素性を伝えた。中井本人も総選挙37位にランクインした直後のスピーチで「やっちまいました。木曜日の朝に4名の記者の方に囲まれて、直撃取材を受けまして。いわゆる文春砲なんですけど」と告白していた。

 きのう17日にはNGT48劇場支配人の今村悦朗氏がグループ公式ブログで「48グループの一員としての自覚を持って行動するよう、強く反省を促して参ります」と謝罪した。



オリコントピックス