アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『SSFF&ASIA 2018』グランプリはシンガポールの監督作品に決定

『SSFF&ASIA 2018』グランプリはシンガポールの監督作品に決定

 アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』(略称:SSFF & ASIA)のアワードセレモニーが17日、都内で開催され、グランプリ「ジョージ・ルーカスアワード」はシンガポールのイーウェイ・チャイ監督作品『カトンプールでの最後の日』に決定した。

【写真】その他の写真を見る


 映画祭全体では130以上の国と地域から過去最多1万本以上の作品応募があり、オフィシャルコンペティション3部門については、「インターナショナル部門」は多様性を感じることのできる作品が、「アジア インターナショナル部門」は普遍的なテーマを扱った作品が目立った。また、「ジャパン部門」はタイムスリップなど非日常を描いたエンターテインメント性の高い作品が多い傾向となった。

 世界初となるジョージ・ルーカスの名を冠したグランプリ(オフィシャルコンペティション3部門の各優秀賞から選出)を受賞した『カトンプールでの最後の日』は、幼少期に通っていたプールが解体されることを聞きつけた少年が、過去に感じた魔法のような時間を取り戻そうと願いながらプールに向かう姿を描いた作品。子ども時代の淡い思い出を美しい色彩と巧みな演出で表現した。

 チャイ監督は「予想外のことで圧倒されています。皆さん、ありがとうございます」と喜びのコメント。「この喜びを国のみんなと分かち合いたいです。夢が現実になりました」と感無量の様子だった。同作は次年度『第91回アカデミー賞』短編部門ノミネート選考対象作品となる。

 セレモニー前にはレッドカーペットにゲストたちが登壇し、小池百合子東京都知事、オフィシャルコンペティションの審査員を務める千葉真一三池崇史監督、本仮屋ユイカ、CGアニメーション部門審査員の中川翔子、ノンフィクション部門審査員の菊川怜、VR SHORTSプレゼンターの森崎ウィン和楽器バンド、フェスティバルアンバサダーのLiLiCoらが華やかに彩った。

 イベント最後には、来年より女性クリエイターを支援する新たなプロジェクトが始動し、木村佳乃が参画することが発表された。



関連写真

  • グランプリを受賞したイーウェイ・チャイ監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 受賞に感激 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)別所哲也、LiLiCo (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した叶美香 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した中川翔子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した菊川怜 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した和楽器バンド (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した森崎ウィン (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した別所哲也、小池百合子東京都知事 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』アワードセレモニーに登壇した木村佳乃 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス