• ホーム
  • 芸能
  • フジテレビ、グローバル展開を視野にドイツ公共放送とドラマ共同製作

フジテレビ、グローバル展開を視野にドイツ公共放送とドラマ共同製作

 フジテレビは、欧州最大の公共放送局ドイツZDFの子会社ZDFエンタープライズ社(ZDFE)と連続ドラマ『The Window』(全10話、2019年完成予定)を共同製作することを発表した。イギリスの脚本家ジェームス・ペイン氏が脚本を執筆し、制作は英国とドイツ両国に拠点を置くブギー・エンターテイメントが担当。日本と欧州の放送局がグローバル展開を視野に入れた連ドラを手がけるのは、史上初となる。

 同作は、世界最大の人気を誇るイングランド・プレミアリーグの終幕と共に始まる10週間の選手の移籍市場“トランスファー・ウィンドウ”にスポットをあてたドラマ。ロンドンを舞台に、サッカー選手、エージェント、クラブオーナー、ジャーナリスト、そして世界中の投資家たちによる巨万の富と名声を求めた暗躍に焦点をあてる。熾烈(しれつ)な10週間を舞台に世界中が息をのんで見つめる巨額契約は、美しくも華麗な国際陰謀へと昇華していく。

 近年は北米初の大型連続ドラマが、国境や文化を超えて全世界の視聴者から支持を集めている。こうした世界的な受容を見越して、フジテレビはこれまで培ってきた製作能力と、世界的知名度を持つキャストの力を掛け合わせ、日本発のグローバル・ドラマ製作に挑戦。現在は日本人女優のオーディションを計画しており、ハリウッドのキャストも起用する。

 大多亮・フジテレビ常務取締役は「新たな動画配信テクノロジーの到来によって、連続ドラマの市場は、過去に類のない国境を越えた“黄金時代”を迎えています。我々のグローバル戦略を一新し、フジテレビのドラマ製作のDNAを欧州のパートナーたちと共有し、日本発のドラマをグローバルにヒットさせる挑戦と考えています。世界中のサッカーを愛する人々、そしてドラマを愛する人々に、楽しんで頂ける作品になると確信しています」とコメント。

 ロバート・フランクZDFE 副社長も「同作は権力の物語をサッカーの世界で描くものです。『ゲーム・オブ・スローンズ』のようなマキャベリ的世界が水平に展開してゆく物語構造に、一方で縦軸として『ビリオンズ』のような、善と悪との境界があいまいな世界で、成功を勝ち取るために意思と野望を兼ね持つ登場人物たちが、絡み合い、融合します。ぜひご期待ください」と自信を込めている。



関連写真

  • 『The Window』を共同製作するZDFEのロバート・フランク副社長(左)、フジテレビの大多亮常務取締役
  • 『The Window』

オリコントピックス