• ホーム
  • 芸能
  • 西島秀俊・安田顕・高良健吾、3夜連続ミステリードラマ『満願』で競演

西島秀俊・安田顕・高良健吾、3夜連続ミステリードラマ『満願』で競演

 2014年のミステリー界で、『このミステリーがすごい!』(宝島社)、『週刊文春ミステリー・ベスト10』(文藝春秋)、『ミステリーが読みたい』(早川書房)のそれぞれで1位になり、史上初めて3冠に輝いた米澤穂信氏の短編集『満願』(新潮社)。この中から短編3作品を西島秀俊安田顕高良健吾の主演でドラマ化。8月にNHK総合で3夜連続放送される。

西島秀俊、アニメ『オトッペ』に声優出演「ファンだったので、非常にうれしかった」 (18年06月11日)


 ミステリースペシャル『満願』でドラマ化されるのは、「万灯」「夜警」「満願」。いずれも緻密な謎解きはもちろんのこと、岐路に立たされた人間の葛藤、業などを精細に描きだすミステリー。

 西島が主演する第1夜「万灯」(8月14日 後10:00〜10:59)は、業の闇に飲み込まれていくやり手商社マンの物語。東南アジアでガス油田開発に携わる商社マン・伊丹(西島)は窮地に追い込まれていた。土地の買収が地元民の反対で頓挫(とんざ)していたのだ。そんな伊丹のもとに地元民から手紙が来る。地元民の中でも意見が分かれていて、長老たちは金が欲しかったのだ。長老たちは伊丹とそのライバル会社の森下の2人に反対派のリーダーを殺すことを要求する。

 安田が主演する第2夜「夜警」(8月15日 後10:00〜10:59)は、若い巡査の殉職の謎を追う。柳岡(安田)の若い部下・川藤が刃傷沙汰になった夫婦ゲンカに巻き込まれ殉職する。夫から身を呈して妻を守った川藤の行動は、世間から賞賛されたが、柳岡は違和感を覚えていた。川藤に自己犠牲の精神など無かった、と。そういえば…、あの日は朝からおかしな事が続いていた、事件当日交番近くの工事現場で不審な事故があったことを思い出す。

 高良が主演する最終夜「満願」(8月16日 後10:00〜10:59)は、美しき下宿屋の女将が守りたかったものを巡るミステリー。鵜川妙子が、殺人事件の裁判の控訴を取り下げる。弁護士の藤井(高良)は控訴を主張していたのに。妙子は、藤井が学生時代に世話になった下宿の女将であった。苦学生であった藤井が弁護士になれたのは、優しい妙子の支えがあったからである。しかし夫の借金のため家計は苦しく、ある日妙子は、返済を強要する金貸しを殺害した。いったい、なぜ?



関連写真

  • ミステリースペシャル『満願』NHK総合で8月14日から3夜連続放送。米澤穂信氏の原作短編を(左から)西島秀俊、安田顕、高良健吾主演でドラマ化
  • ミステリースペシャル『満願』NHK総合で3夜連続放送。第1夜「万灯」(8月14日)に主演する西島秀俊
  • ミステリースペシャル『満願』NHK総合で3夜連続放送。第2夜「夜警」(8月15日)に主演する安田顕
  • ミステリースペシャル『満願』NHK総合で3夜連続放送。最終夜「満願」(8月16日)に主演する高良健吾

オリコントピックス