• ホーム
  • 映画
  • 映画『アリー/ スター誕生』12・21公開 初主演レディー・ガガが圧巻の歌声

映画『アリー/ スター誕生』12・21公開 初主演レディー・ガガが圧巻の歌声

 米歌手レディー・ガガが初主演する映画『A STAR IS BORN』の邦題が『アリー/ スター誕生』に決定し、12月21日に日本公開が決定した。併せて予告編が初解禁され、ステージ上での奇抜なガガとは異なる“普通の姿”で圧巻の歌声を披露している。

 同作は、音楽業界での成功を夢見るアリー(ガガ)が、国民的ミュージシャンのジャクソンにその才能を見出され、華やかなショービジネスの世界で愛と挫折を経験しながらやがてスターへの階段を駆け上がっていく物語。映画界の巨匠クリント・イーストウッドの元で『アメリカン・スナイパー』の主演・製作を務めたブラッドリー・クーパーが監督に初挑戦。自身もアリーの才能を見出すジャクソン役として出演する。

 今回初めて解禁された予告編では、自分の容姿と才能に自信のなかったアリーが戸惑いながらも一歩踏み出し、ステージで歌声を披露する。ガガ自身も学生時代容姿にコンプレックスを抱えていたという過去を持ち、これまでも“ありのままの自分に自信を持つ”という力強いメッセージを込めた「ボーン・ディス・ウェイ」などの楽曲を生み出してきた。まさに彼女の生き方そのものと言えるアリーの姿は、人々に勇気と希望を与える。

 同作について、ガガはツイッターとインスタグラムに同作の映像を投稿し、「夢が実現しました。この素晴らしい映画に出演できで光栄です。監督、俳優、そしてミュージシャンとしてのブラッドリーの才能は驚異的。映画『アリー/ スター誕生』で、ジャックとアリーを皆さんにご紹介できることに、とても興奮をしています」とメッセージをつづっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス