• ホーム
  • 芸能
  • 『捜査一課長』×『未解決の女』コラボ第3弾、内藤剛志と波瑠&高田純次相互出演

『捜査一課長』×『未解決の女』コラボ第3弾、内藤剛志と波瑠&高田純次相互出演

 7日にテレビ朝日系で放送されるドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』第9話(毎週木曜 後8:00)と『未解決の女 警視庁文書捜査官』最終話(後9:00※15分拡大)の出演者が、同じ日に同じ役どころで、互いの作品に出演する“コラボレーション企画”の第3弾が実現した。

【写真】その他の写真を見る


 今回は『捜査一課長』に『未解決の女』の主人公・矢代朋を演じる波瑠と、朋の上司で特命捜査対策室第6係の係長・財津喜延を演じる高田純次が出演。続く『未解決の女』には、『捜査一課長』の主人公・大岩純一を演じる内藤剛志が出演する。

 前週(5月31日放送分)の『未解決の女』では、朋が銃撃され、その安否が不明のまま幕を閉じた。そのショッキングな事件を軸に、今回のコラボは繰り広げられることに。

 午後8時からの『捜査一課長』では財津が大岩のもとへ駆け込み、朋が撃たれたことを報告。さらに、その報告を受けて大岩が朋との会話を回想するなど、『未解決の女』最終回の冒頭へとつながる裏エピソードを展開。続く、午後9時からの『未解決の女』では、朋や財津、元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)の前に大岩が出現。この光景は回想なのか、それともリアルタイムのエピソードなのか…。

 内藤、波瑠、高田が相互コラボシーンで顔を合わせるのは、4月19日に放送された第1弾以来、2回目(※第1弾では内藤と波瑠が相互出演、高田は『未解決の女』のみコラボシーンに出演)。前回は緊張気味だったという波瑠は、2回目ともあって、今回は終始リラックスした表情で撮影に参加。「『警視庁・捜査一課長』のセットにも初めてお邪魔しましたが、内藤さんもいらっしゃったので、第1回目のコラボの時よりも安心感があり、のびのびとお芝居をすることができました」と、柔らかい笑顔を浮かべていた。

 一方、今回初めて『捜査一課長』に出演した高田は「同じ刑事ドラマでも雰囲気が違うね! 『捜査一課長』の現場では“熱さ”を感じました」と興奮しきり。「それにしても、この相互コラボはなかなか斬新な企画だね! 僕も初めての体験で、非常に興味深い試みだと思います」と、目を輝かせていた。

 そんな中、誰よりも熱い(!?)胸の内を明かしてくれたのが内藤。「もう波瑠ちゃんたちに会いたくて、会いたくて、会いたくて…! 実を言うと1回目のコラボ以降、僕はいつも『波瑠ちゃん演じる矢代たちも、僕の部下の中に絶対にいるんだ』というイメージをもって、『警視庁・捜査一課長』の撮影に臨んでいたんです。それが今回のコラボでまた証明されて、すごくうれしかったです」と話していた。



関連写真

  • 6月7日放送、内藤剛志(左から2人目)が『未解決の女』に、波瑠(右から2人目)&高田純次(左)が『警視庁・捜査一課長』に登場。右は『未解決の女』の元刑事局長・野々村慎太郎(岩城滉一)(C)テレビ朝日
  • 6月7日放送、『警視庁・捜査一課長』に『未解決の女』の波瑠が登場(C)テレビ朝日
  • 6月7日放送、『警視庁・捜査一課長』に『未解決の女』の高田純次が登場(C)テレビ朝日
  • 6月7日放送、『警視庁・捜査一課長』に『未解決の女』の波瑠が登場(C)テレビ朝日

オリコントピックス