• ホーム
  • 映画
  • 中島健人&平祐奈&知念侑李、再会におしゃべり止まらず 『みせコド』ビジュアルコメンタリー収録

中島健人&平祐奈&知念侑李、再会におしゃべり止まらず 『みせコド』ビジュアルコメンタリー収録

 Sexy Zone中島健人、女優の平祐奈Hey! Say! JUMP知念侑李が共演した映画『未成年だけどコドモじゃない』のBlu-ray&DVDが7月4日に発売される。このほど、豪華版に収録されるビジュアルコメンタリーの収録が行われ、作品の宣伝活動以来久々に3人が集合。作品を観ながら撮影当時の思いや、当時現場ではやった言葉遊び、お気に入りのシーンなどを語り合った。

 水波風南氏の漫画を実写化した同作は、“結婚”からスタートする恋愛を描くラブコメディー。中島が文武両道で学校イチのモテ男な“王子様”鶴木尚役で主演を務め、尚と結婚する折山香琳を平、香琳の幼なじみでお金持ちの海老名五十鈴を知念が演じた。

 ビジュアルコメンタリーの収録では、本編開始前に近況を報告しあった3人だったが、ここでの話が盛り上がってしまい、なかなか本編が始まらない事態に。中島が「僕がスタートって言わないと、映画が始まらないことになっているんだよ」と切り出し、ようやく本編が開始した。

 冒頭はスポーツ万能の尚のサッカー試合のシーン。演じた中島がかっこよくシュートを決めており、撮影では本番で一発OKとなった。知念が「すごく頑張ってた。かなり練習してたよね」と振り返ると、中島も「やった。かなり練習した」と明かす。知念は「限られた時間の中で決めるのってすごいよ。僕だったら、『吹替えお願いしまあ〜す』ってすぐ言うね」とおどけると、「ねんちー(中島が知念を呼ぶときの愛称)だってやるでしょ、絶対」と即座にツッコミを入れていた。

 また、実はアドリブが多い同作。なかでも平のアドリブの評判がよく、中島は「アドリブが天才的」「平さんの中にはいっぱいせりふが用意されている」と絶賛。逆に平は、中島のせりふの言い方や表情など「これ好き。キュンとくる」など“王子性”を称えると、褒め合う2人の横で知念は「いいなぁ。僕も2人の間に入りたかったな」とぼやき、さらに尚と香琳の新居近くに住む設定の老人を指して「このおじいちゃんの方が僕より出番多くない?」と嘆いていた。

 3人ともギャグシーンにはツッコミを入れまくり、シリアスなシーンになると作品に関係ないせりふをアテレコしたりと、とにかくおしゃべりが止まらない。本編が終わり、エンディングが流れると知念が「久しぶりに会って、話したいことがたくさんあるから、話す方に気が行き過ぎて、あまり映画を観ていなかったんじゃないか」と反省するほど。中島も「あんなシリアスなシーンで笑ったの初めて」と語っている。

 『未成年だけどコドモじゃない』Blu-ray&DVD豪華版には、ビジュアルコメンタリーのほか、メイキング映像やイベント映像集などを収録した特典ディスクも付く。7月4日発売。



関連写真

  • ビジュアルコメンタリー収録を行った(左から)平祐奈、中島健人、知念侑李 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
  • 『未成年だけどコドモじゃない』Blu-ray&DVDは7月4日発売。画像は豪華版のケース(C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館

オリコントピックス