• ホーム
  • 芸能
  • 川栄李奈&山田裕貴、ケースワーカー役で“火9”1年ぶり帰還

川栄李奈&山田裕貴、ケースワーカー役で“火9”1年ぶり帰還

 女優の川栄李奈と俳優の山田裕貴が、7月17日スタートの女優・吉岡里帆主演カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後9:00)に出演が決定した。2人が演じるのは、主人公の新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡)の同期で、頭脳めいせきで優等生タイプのケースワーカー・栗橋千奈(川栄)と、マザコンで熱血漢なケースワーカー・七条竜一(山田)。ともに昨年7月期の『僕たちがやりました』以来、1年ぶりに火曜9時枠にカムバックする。

 柏木ハルコ氏による小学館『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載中の同名漫画を実写化。安定を求めて公務員となったえみるが、“生活保護受給者”を支援するケースワーカーの仕事に配属されたことをきっかけに、何らかの事情で生活に困り“生活保護”を受給している、生活保護受給者のさまざまな“人生”に向き合い寄り添う中で、戸惑いながらも奮闘していく様子を描く。

 おバカキャラの川栄は初の公務員役で、頭脳明晰というギャップのあるキャラクターに起用。「最初マネージャーさんから『面白いドラマなんだけど…川栄まじめな役なんだよ…』って、なんかバカにされた感じで言われたんで(笑)。逆に、『よし!まじめな役やってやろう!』って思いましたね」と奮起。「このドラマを通して、自分自身も成長できたらなと思います。悩んでいる方や、まだ仕事に就いていない方でも、人とのつながりとか、温かさとか、えみるの素直さだとかにすごく共感できると思うので、いろんな方に見ていただきたいですね」と視聴者にメッセージを送る。

 山田は、かつて生活保護受給者から借金を取り立てる役を経験したが、今作では真逆の困っている受給者の“心の拠り所”となるケースワーカー役に。「その時の経験もあって、いろんなことがわかるというか…、考えるようになりましたね。簡単なことではないと思いますが、このドラマを見て、大変な人たちがそれでも前を向いてがんばっているんだなということが伝えわればいいなと思います」としみじみ。今回は“アイドルっぽい”髪型がトレードマークの熱血マザコン公務員役だが「今どきの若者で、髪型でマザコンぽさを出そうとしてますけど、まあ、外見がどうであれ、大事なのは内面なので、きちんと表現できればなと思います」とやる気をにじませている。

 そのほかのキャストとして、えみるの同期役に小園凌央水上京香、同僚で先輩のケースワーカー役に内場勝則、えみるが通う定食屋の店主役に徳永えりが決定した。



オリコントピックス