• ホーム
  • 芸能
  • 生駒里奈、寺島進の言葉に「今が一番不安な時期だから…」と大号泣

生駒里奈、寺島進の言葉に「今が一番不安な時期だから…」と大号泣

 5月に人気アイドルグループ・乃木坂46を卒業したばかりの生駒里奈が、きょう4日放送のテレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊!! サンドウィッチマンの秘境路線バスの旅スペシャル!!』(後7:00〜8:30)に出演。同番組初出演、卒業してから初めて参加したバラエティーのロケ企画で、お笑いコンビ・サンドウィッチマンと俳優・寺島進とともに秘境路線バスの旅に挑戦した。

【写真】その他の写真を見る


 旅の内容は、サイコロを振って、出た目の数だけバス停を進み、降りたバス停から飲食店を探してゴールを目指すというもの。今回、乗車するのは、長野県と岐阜県にまたがる「馬籠(まごめ)線。長野県木曽郡の南木曽からバスに乗車し、26個の停留所を経て、中山道43番目の宿場町・馬籠宿を目指す。しかし、バスの時刻表を見ると、なんとバスの間隔は2時間に1本。本数の少なさに、サンドウィッチマンのふたりは「今日はたくさん歩く予感がする…!」と不吉な予言をする。

 意外にも外国人観光客だらけのバスに乗り込み、和気あいあいとした雰囲気でスタートした旅だったが、思いのほか飲食店が見つからず、サンドウィッチマンの予感が的中してしまう結果に。長い山道をひたすら歩くことになる4人だったが、道中では、生駒の両親とサンドウィッチマン・寺島が同年代だということがわかったり、好きなタイプを聞いてみたり、さらに生駒が初めての取材交渉にも挑戦したり、楽しく旅は進行していった。

 ようやく見つけた飲食店で一息ついた4人。そこで生駒が今の心境を吐露。「今までは自分の力だけではなく、誰かに支えられてやってきた。これからはイチから頑張らないと」と決意を新たにするも、「少し怖い」と話す生駒に、寺島は“出会い”の大切さを説く。

 寺島にとっての大きな“出会い”は、他ならぬ北野武監督。「役者としてメシを食っていけるようになるまで引き上げてくれた北野監督は育ての親であり、恩師でもある特別な方」と、深い感謝の気持ちを明かす。まだ売れない時代に北野監督からかけてもらった言葉や、『HANA-BI』でベネチア国際映画祭・金獅子賞を獲得したときにかけられた言葉を振り返り、それを噛みしめるように話す寺島。それを聞いた生駒が、思わず泣き出す事態に。

 寺島が生駒にかけた言葉とは一体どんなものだったのか。「今一番不安な時期だから、すごく胸に響きました」と、カメラの前で号泣する生駒。そんな彼女を伊達みきおたちも優しく慰める。「おいしくて楽しかったのに、なんでこんなに泣いているんだろう(笑)」と泣き笑いする生駒に、富澤たけしは「またつらくなったらこのメンバーで会おう!」と力強い言葉をかけていた。今回のロケは生駒にとって大切な“出会い”になったに違いない。



関連写真

  • テレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊!!』6月4日放送の回に生駒里奈が初登場。寺島進の言葉に号泣(C)テレビ朝日
  • 出演はサンドウィッチマン、寺島進、生駒里奈(C)テレビ朝日
  • 長野県と岐阜県にまたがる「馬籠(まごめ)線」に乗車(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊!!』6月4日放送の回に生駒里奈が初登場。寺島進の言葉に号泣(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊!!』6月4日放送の回に生駒里奈が初登場。寺島進の言葉に号泣(C)テレビ朝日

オリコントピックス