• ホーム
  • 芸能
  • 松本清張・最後のミステリー初映像化 村上弘明、陣内孝則らが出演

松本清張・最後のミステリー初映像化 村上弘明、陣内孝則らが出演

 「社会派推理小説」という一大ジャンルを築き上げた作家・松本清張(1909 ? 1992年)が遺した最後のミステリー作品『犯罪の回送』が、初めて映像化され、7月2日(後9:00)にテレビ東京系で放送されることが明らかになった。舞台は、東京と北海道の2都市で、政治と清張作品らしい愛憎が絡み合う本格社会派ミステリー。俳優の村上弘明陣内孝則田中道子、そしてテレビ東京のドラマは29年ぶりとなる鈴木保奈美らが出演する。

【写真】その他の写真を見る


 村上と陣内のタッグは、同局による清張原作ドラマ、『黒い画集―草―』(2015年)、『喪失の儀礼』(16年)、『誤差』(17年)に続く4作目。主演を務める村上は、行方不明になった北海道北浦市の市長を探す警視庁刑事部捜査一課警部・田代俊一郎役を演じる。陣内は、市長が行方不明となった北海道警の刑事部捜査一課警部・小森修司役。

 鈴木は、行方不明となった市長を支え、必死に行方を探す謎多き市長秘書・有島澄江役。さらに、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日)をはじめ、大河ドラマ『西郷どん』にも出演するなど、活躍の場を広げている田中は、村上演じる田代の部下で、一緒になって事件を解決に向け奔走する警視庁刑事部捜査一課巡査部長・青木奈津美役を演じる。

 村上は「松本清張最後のミステリー作品ということで、今まで松本清張が描いてきたさまざまな作品の集大成というつもりで挑ませてもらいました。事件も奇想天外で、その奥に潜んでいる人間模様や、それを見つめる刑事(田代)が、事件に関わった人間一人一人に気持ちを託し、事件解決へと結びつけていく。その辺りにも面白みがあり、ぜひ注目して見ていただきたいです」とコメントを寄せている。

■イントロダクション

 北海道北浦市の市長が、出張先の東京で突然失踪した。警視庁へ捜索願が出され、刑事の田代(村上)らが捜索を始めるが、市長の美人秘書・有島(鈴木)は、不可解な単独行動を取り続ける。時を同じくして、市長の政敵もひそかに上京していることがわかったが、行方が分からず…。失踪した二人の政治家と二つの地酒…さまざまな思惑と愛憎が入り混じる中、驚きのトリックで、市長殺しの犯人が明らかになる。



関連写真

  • 松本清張が遺した最後のミステリーが初映像化。7月2日放送、テレビ東京系『犯罪の回送』に主演する村上弘明(C)テレビ東京
  • 松本清張が遺した最後のミステリーが初映像化。7月2日放送、テレビ東京系『犯罪の回送』に出演する陣内孝則(C)テレビ東京
  • テレビ東京のドラマは29年ぶりの鈴木保奈美(C)テレビ東京
  • 松本清張が遺した最後のミステリーが初映像化。7月2日放送、テレビ東京系『犯罪の回送』に出演する田中道子(C)テレビ東京

オリコントピックス