• ホーム
  • 映画
  • 山田孝之の表情筋がすごい 『50回目のファーストキス』役者魂感じる画像集

山田孝之の表情筋がすごい 『50回目のファーストキス』役者魂感じる画像集

 福田雄一監督がメガホンをとった映画『50回目のファーストキス』(6月1日公開)より、山田孝之の画像集が披露された。唇を噛みながら睨(にら)みをきかせるシーンや、白目を剥いた表情など、役者魂と表情筋の豊かさが伝わってくる。

 確かな演技力とつかみどころがないキャラクターで、いまや老若男女から人気を集めている山田。俳優業にとどまらず、歌手活動やプロデュース業などマルチに活動する一挙手一投足に世間から注目が集まるなか、最新作では長澤まさみとラブストーリーに挑戦した。

 同作では、ハワイのオアフ島を舞台に、事故による後遺症で新しい記憶が1日で消えてしまう短期記憶障害を抱える瑠衣(長澤)と、そんな彼女に一目惚れした元プレイボーイのツアーコーディネイター・大輔(山田)との一生に一度の運命の恋が描かれる。

 山田と長澤は映画『そのときは彼によろしく』(2007年)以来、約11年ぶりの共演。脚本・監督は、『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』などで知られる福田氏が務め、『勇者ヨシヒコ』シリーズのスタッフ陣と初めて渾身の“ラブストーリー”に挑んだ。

 福田監督自身、撮影や編集をしながら「何度も泣いた」というほどの感動作に仕上がっているが、ただの感動作だけで終わらせない。コメディー街道をひた走ってきた福田監督ゆえに、作品を通してらしさあふれる笑いが随所にちりばめられている。

 先日行われたレッドカーペットイベントで、長澤が山田に対して「面白すぎて負けるって思いました」と暴露した「感電」シーンでは、山田が白目を剥きながら絶叫。ほかにも、初めて瑠衣と出会った日に、喜びのあまりガッツポーズを決めたり、唇を噛みながら睨みをきかす画像など、どれも山田の表情筋の豊かさを感じずにはいられない。

 6枚の画像を見るとまるでコメディー俳優のようで、先日、ORICON NEWSのインタビューに応じた長澤も「日本でこんなにコメディーができる俳優ってなかなかいないなって。山田くんは日本一のコメディー俳優だと思います」と断言している。



オリコントピックス