• ホーム
  • 芸能
  • 欽ちゃん、SNSデビュー テレビ離れの若者に視聴率100%男が挑む

欽ちゃん、SNSデビュー テレビ離れの若者に視聴率100%男が挑む

 かつて視聴率男としてテレビ界を席巻した“欽ちゃん”こと、お笑いタレントの萩本欽一(77)がきょう30日、SNSデビューした。NHKで放送予定の冠番組『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』公式アカウント(@nhk_kinchanshow)で、欽ちゃん本人がつぶやく…ことを目標にしている。

 はじめてのツイートは、番組プロデューサーが「欽ちゃんにTwitterを始めてもらうことにしました。まずは自撮りの練習から。(河瀬P)」と、欽ちゃんの自撮り写真を投稿。2回目の投稿で「ぼくのツイッターをたくさんの人がみてくれたみたいで、うれしいよ。やり方もよくわからないけど、スタッフに手伝ってもらいながら、しばらくやってみる。【欽】 #欽ちゃん」と、決意表明した。

 喜寿を超えて萩本がSNSにチャレンジするのは、テレビ離れをした若者に向けて番組をアピールするため。「欽ちゃんチャレンジ」と銘打ち、番組が放送される7月7日までに番組ツイッターのリツイートや「いいね!」、放送中に出現する「いいね」ボタンなどを合計して55万リアクションを目指す。果たしてこの無謀ともいえるチャレンジは成功するのか?

 さらに、みんなの“欽ちゃん走り”の映像を1つにつなぎ合わせる「エターナル欽ちゃん走り」や、欽ちゃんの名言をおみくじにした「欽言くじ」、さらには「欽ちゃんフリー素材化」など、特設ページ(https://www.nhk.or.jp/kinchanshow/challenge/)も開設。視聴率100%男と言われた欽ちゃんが、WEB上でも“リアクション”を稼ぎ出すことができるのか?

 7月7日放送の『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』は、欽ちゃんが修業時代に、東京・浅草の「軽演劇」の舞台で培ったノウハウを、芸人や俳優に伝授すべく、台本なし、リハーサルなし、アドリブでコントを作り上げていくというテレビ史上類を見ない番組。

 2部構成で、Part1(後10:30〜11:30)は、スタジオに「テレビを見ない!」という若者たち約100人が集めて事前収録。彼らの前で欽ちゃんら出演者たちが、ぶっつけ本番のステージを展開する。テレビ離れをした彼らに、視聴率100%男・欽ちゃんの笑いは通じるのか、試される。Part2(後11:45〜深0:15)は生放送を敢行する。

 萩本のほかに、有働由美子劇団ひとり澤部佑田中美佐子松井玲奈六角精児(五十音順)、スペシャルゲストとして橋爪功が出演する。また、放送当日は公式ホームページ(http://www4.nhk.or.jp/kinchanshow/)で欽ちゃんら出演者たちがライブストリーミングで裏トークも行う。



関連写真

  • 萩本欽一がSNSデビュー。冠番組『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』公式アカウント開設(C)NHK
  • WEB上で55万を超えるリアクションを狙った「欽ちゃんチャレンジ」をスタート(C)NHK

オリコントピックス