• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】ももクロ、結成10周年初ベストが1位 アルバム首位は2年ぶり3作目

【オリコン】ももクロ、結成10周年初ベストが1位 アルバム首位は2年ぶり3作目

 結成10周年を迎えたももいろクローバーZの初ベストアルバム『MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」』(23日発売)が初週で5.6万枚を売り上げ、6/4付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:5月21日〜27日)で初登場1位を獲得した。

 アルバム1位獲得は、2ndアルバム『5TH DIMENSION』(2013年4月発売)、4thアルバム『白金の夜明け』(16年2月発売)に次いで2年3ヶ月ぶり通算3作目。売上枚数は前作『MCZ WINTER SONG COLLECTION』(16年12月発売)の累積売上3.2万枚を発売1週目で上回る好発進となった。

 ももクロは2008年5月17日、神奈川・川崎アゼリアでお披露目され、結成10周年。自身初のベスト盤には、メジャーデビュー曲「行くぜっ!怪盗少女」(10年5月発売)、4thシングル「Z伝説〜終わりなき革命〜」(11年7月発売)、布袋寅泰が作曲・編曲を担当した9thシングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」(12年11月発売)といった代表曲のほか、新曲「クローバーとダイヤモンド」などを収録した。

 発売日とその前日には、自身初となる東京ドーム公演が開催された。



関連写真

  • ももいろクローバーZの初ベスト『MOMOIRO CLOVER Z BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」』
  • 5月17日に結成10周年を迎えたももいろクローハ?ーZ

オリコントピックス