• ホーム
  • 芸能
  • 加藤浩次、クレー射撃に殴り込み 競技歴20年のヒロミも太鼓判「腕前は相当なもの」

加藤浩次、クレー射撃に殴り込み 競技歴20年のヒロミも太鼓判「腕前は相当なもの」

 お笑いコンビ・極楽とんぼ加藤浩次が、TBS系『炎の体育会TV』(毎週土曜 後7:00)の人気企画「クレー射撃対決」に参戦することがわかった。きょう26日の番組内で、競技歴20年で同企画の出演者であるヒロミの口から発表された。

 クレー射撃とは、“クレー”と呼ばれる直径11センチほどの素焼きの皿を散弾銃で撃つ競技で、オリンピック正式種目としての歴史も古く、1976年に開催されたモントリオール五輪には麻生太郎財務大臣も選手として出場したことがある。

 加藤がクレー射撃に夢中になっていることは全く知られておらず、同じ事務所に所属するMCの今田耕司宮迫博之は「全く知らなかった」と驚きの声。ヒロミは「加藤のクレー射撃の腕前は相当なもの! もう3年くらいやっていて、暇さえあれば頻繁に射撃場に通っているし、練習熱心!」と太鼓判を押している。

 気になる加藤のクレー射撃の実力は、7月に放送される予定となっている。



関連写真

  • 加藤浩次が『炎の体育会TV』の人気企画「クレー射撃対決」に参戦(C)TBS
  • 加藤浩次が『炎の体育会TV』の人気企画「クレー射撃対決」に参戦(C)TBS

オリコントピックス