• ホーム
  • 映画
  • 瑛太、もう一人の“瑛太”にクレーム 殴られるシーンで「本当に当たった」

瑛太、もう一人の“瑛太”にクレーム 殴られるシーンで「本当に当たった」

 俳優の瑛太が26日、都内で行われた映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席。この場にはいなかったが、共演する奥野瑛太から殴られるシーンを振り返り「パンチが当たったり、奥野くんはアクションが下手くそで。本当に顔面にあたったり、首絞めてビンタしてきたり」とクレーム。「同じ“瑛太”って人なんですけれどね」とイジって笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、薬丸岳氏が2013年に発表した同名小説を映画化。かつて世間を震撼させた事件を起こした少年Aの“その後”と、周囲の人々の葛藤を描く。元週刊誌ジャーナリスト・益田を生田斗真、元少年A・鈴木を瑛太が演じている。

 作品にちなんで、“友達”とは自分にとってどんな存在か聞かれた生田は「自分を写す鏡みたいなものだと思います」と回答し、扱う題材が重いだけに「賛否両論ある映画だと思っているので、皆さんがどういう事を感じてどういうことを思ったのか早く聞きたい」とコメント。瀬々敬久監督から、生田と瑛太でショーン・ペン主演の『デッドマン・ウォーキング』のような次回作を提案されると、「(瑛太と)2人でよく話すんですが、次やるならポップなのがいいねって。ありがたいですけれど」と笑っていた。

 そのほか、夏帆山本美月富田靖子佐藤浩市が出席した。



関連写真

  • 映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席した瑛太 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)富田靖子、夏帆、瑛太、生田斗真、佐藤浩市、山本美月、瀬々敬久監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席した生田斗真 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席した夏帆 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席した富田靖子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席した佐藤浩市 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『友罪』公開記念舞台あいさつに出席した山本美月 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス