• ホーム
  • 芸能
  • 横山裕『絶対零度』新シーズンで月9初出演 前作との「道しるべになる」

横山裕『絶対零度』新シーズンで月9初出演 前作との「道しるべになる」

 人気グループ・関ジャニ∞の横山裕が、7月期フジテレビ系“月9”ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(毎週月曜 後9:00)に出演することが決定した。7年前のシーズン2『絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜』最終話で、桜木泉(上戸彩)の年上の後輩として“特殊犯罪捜査対策室”に赴任してきた山内徹を引き続き演じる。横山が月9に出演するのは初めてで「まっすぐ、ひたむきな山内を演じられたらいいなと思っています」と意気込む。

 「絶対零度」シリーズは、シーズン1(2010年)とシーズン2(2011年)で、新米女性刑事・桜木泉の活躍と成長を描いてきた。シーズン3となる今回は、俳優の沢村一樹が演じる元公安のエリート刑事・井沢範人を主人公に「未然犯罪捜査システム=ミハンシステム=の実用化」という任務を託され、日本国民のあらゆる個人情報、全国の監視カメラの映像、メールや電話の通信データなどを解析し、未来の重大犯罪の阻止を目指す。

 横山が演じる山内は、7年前から桜木のバディで特殊捜査班の捜査員として成長していたが、桜木が謎の失踪を遂げたことから特殊捜査班は解散。その後、捜査一課に異動したが、あきらめきれず桜木の失踪を独自に捜査していた。しかし、捜査は行き詰まり、その無力感と桜木の失踪をちゃんと捜査しない警察組織への不信感から、上司を殴ってしまい資料課に異動させられ、“ミハン”チームの一員となる。

 7年ぶりの続編のオファーに「あ、今、やるんや」と驚いたという横山は、ドラマ初共演となる沢村について「“下ネタ”のイメージがあって(笑)。正直、そのイメージが強いですけど、役者としては大先輩ですし、胸を借りるつもりで、今年の夏を乗り切りたいなと思っています」と全幅で信頼。前シリーズからの橋渡しとなる役を演じるが「僕が道しるべになるところがあるので、そこは丁寧に演じていかないといけないな、と思っています」と意気込んでいる。

 そのほかの“ミハン”メンバーのキャストも発表され、元生活安全課の女性警官で紅一点の小田切唯に本田翼、資料課の生え抜きで引きこもり状態の南彦太郎に柄本時生、いつも挙動不審でいろんな部署をたらい回しにされている田村薫に平田満を起用。“ミハンシステム”の導入プロジェクトのリーダーで、警察キャリアとして出世の最短コースを歩んできた東堂定春は、『西遊記』以来フジテレビのドラマに12年半ぶりに出演する伊藤淳史が演じる。



オリコントピックス