• ホーム
  • 映画
  • 映画『ハン・ソロ』ミレニアム・ファルコン号で銀河を駆け抜ける本編シーン公開

映画『ハン・ソロ』ミレニアム・ファルコン号で銀河を駆け抜ける本編シーン公開

 「スター・ウォーズ」シリーズ屈指の人気キャラクター“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描く映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6 月29 日(金) 公開)。あす全米公開を控える中、オールデン・エアエンライク演じる“若きハン・ソロ”が、チューバッカとミレニアム・ファルコン号に乗り銀河を駆け抜ける本編シーンが公開された。

 ハン・ソロとチューバッカ、謎の美女キーラ(エミリア・クラーク)が、ミレニアム・ファルコン号に同乗しているシーン。ハン・ソロの隣に座ったキーラだが、操縦の腕はイマイチの様子。そこで後ろから見守っていたチューバッカが、たくさんの操作ボタンの中からいとも簡単にシールドの補強をやってのけると、ソロとキーラはチューバッカの腕前にびっくり。

 チューバッカが190歳だと言うシーンもあり、このエピソードが『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』より約10年前の設定であることがわかる。後にファルコン号の“副操縦士”となるチューバッカの才能は、すでに健在だったよう。キーラの代わりにハン・ソロの隣の操縦席にチューバッカが座ると、ファンなら思わずテンションが上がってしまう「スター・ウォーズ」のテーマが流れ出す。

 さらにチューバッカを見る時のハン・ソロのにやりとしたスマイルは、まさにハリソン・フォードが見せていたハン・ソロの表情にそっくり。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』以降のソロとチューバッカの活躍は世界中の誰もが知るところだが、本作では、ハン・ソロとチューバッカがどのように出会い、絆を深めていく過程が描かれる。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス