• ホーム
  • 芸能
  • 『ウイイレ』最新作、ロシアやポルトガルなど7つのリーグライセンス追加

『ウイイレ』最新作、ロシアやポルトガルなど7つのリーグライセンス追加

 人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン』シリーズの最新作『ウイニングイレブン 2019』(PlayStationR4(PS4R)向け 8月30日発売予定)に、ロシアやポルトガルなど7つのリーグライセンスが追加されることが決定した。

【写真】その他の写真を見る


 欧州からは、ロシアの「Russian Premier League」が『ウイニングイレブン 2019』に独占で収録され、デンマークの「Superliga」、ポルトガルの「Liga NOS」、スイスの「Raiffeisen Super League」、スコットランドの「Ladbrokes Premiership」、ベルギーの「Jupiler Pro League」が追加。南米からは、アルゼンチンの「Superliga Quilmes Clasica」が新たに加わる。これらのリーグライセンス追加により、前作と比較してクラブチーム数では100以上、選手数では2500人以上の選手が新たに搭載される。

 また、選手の育成や移籍交渉をして理想のチーム運営を楽しめるモード「マスターリーグ」では、各国の強豪チームが集う大会である「インターナショナルチャンピオンズカップ」を開催。さらに、スコットランドの「Ladbrokes Premiership」の特殊な対戦方式“スプリット”システムなど、各リーグのレギュレーション(制度)にも対応しており、世界各国のリーグ戦を楽しめる。



関連写真

  • 『ウイイレ』最新作、7つのリーグライセンス追加(C)Konami Digital Entertainment
  • パッケージ版のデザイン(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment
  • ゲーム画面の様子(C)Konami Digital Entertainment

オリコントピックス