• ホーム
  • 芸能
  • 諸星和己、お世話になった西城秀樹さんを追悼「頑張りましたねと言いたい」

諸星和己、お世話になった西城秀樹さんを追悼「頑張りましたねと言いたい」

 元光GENJIで歌手・俳優の諸星和己が、24日、横浜スタジアムで開催されたプロ野球・セリーグの横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で、2年連続となる始球式を務め、終了後に報道陣の取材に対応した。

【写真】2年連続始球式でもカッコ良くサイン確認をする諸星和己


 先日亡くなった西城秀樹さん話題になると、プライベートでもお世話になったという諸星は「すごいショックです。レールを引いてくれた先輩だった」と一言一言噛みしめるようにコメント。仕事のことに関してや、メンタルの面でもアドバイスももらったと振り返り「すごい元気をもらった。駄目でも、いいんだよ。いいんだよ。と言ってくださった人だった。一つの支えを失っていくのは悲しい」と肩を落としていた。

 西城さんはリハビリ生活において、“あの曲をまた歌うんだ”と自分に言い聞かせていた。諸星は「後輩ながらですけど、頑張りましたねと言いたい。今はゆっくりして、前向きに送ってあげたい」と先輩へ送る精一杯の応援の言葉を語った。

 肝心の始球式は右に逸れたが、ノーバウンドでキャッチャーミットに。去年はデッドボールということもあり、「今年は選手に当てないようにと気をつけた」という諸星は「意外と小心者なんですよ」と笑わせた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 諸星和己 (C)ORICON NewS inc.
  • 横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で2年連続となる始球式を務めた諸星和己 (C)ORICON NewS inc.
  • 横浜DeNAベイスターズ対中日ドラゴンズ戦で2年連続となる始球式を務めた諸星和己 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス