• ホーム
  • 芸能
  • 新井浩文&山本美月、『モンテ・クリスト伯』副音声に登場

新井浩文&山本美月、『モンテ・クリスト伯』副音声に登場

 俳優の新井浩文、女優の山本美月が24日放送のフジテレビ系連続ドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(毎週木曜 後10:00)第6話で副音声に挑戦することがわかった。初めて副音声企画を担当した山本は「意識が画面に行っちゃうので、思わず素の言葉で話してしまうので少し怖かったですね(笑)」とちょっぴり緊張。トークをリードした新井は「うちは結構やっているけど、突っ込みどころ満載のドラマなので突っ込めました。話(わ)としては最悪の話を選んだな…と(笑)」と意味深にコメントしている。

【写真】ディーンが地獄の底へ引きずり落とす…『モンテ・クリスト伯』ビジュアル


 主人公で復讐に燃える男・暖(ディーン・フジオカ)の元婚約者で、現在は暖の親友・南条幸男(大倉忠義)の妻・すみれ役の山本と、暖を裏切り、漁師から破竹の勢いで不動産会社社長に登り詰めた神楽清役の新井。収録では、最初は登場する出演者をあるキャラクターになぞらえるなどリラックスした雰囲気で進行したが、シリアスなシーンでは思わず素のコメントが出たり、演出プランについてお互いの感想を話したりとドラマの裏側をたっぷりと届ける。

 山本から「すごく展開の速い話でしたね。でも新井さんと一緒で安心でした」と信頼を寄せられた新井は「飲み屋と変わらないもんね(笑)。山本さんとは気を遣わなくていいから楽しかったです」とすっかり満喫した様子。

 物語も後半を迎え、暖の復讐は加速。新井は「もう佳境なので、一人一人ちゃんと(復讐を)やっていかれます。すみれがどうなるのかはうちも知らないけど…」と振ると、山本は「ずっと悲しく暗い気持ちで演じています」と演じる側も苦労しているそう。暖の正体にすみれは気づいているのか…新井は「それは見ている方にゆだねたいですよね」と話している。



関連写真

  • 24日放送のフジテレビ系連続ドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』第6話で副音声を担当する新井浩文と山本美月 (C)フジテレビ
  • 24日放送のフジテレビ系連続ドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』第6話で副音声を担当する新井浩文と山本美月 (C)フジテレビ

オリコントピックス