• ホーム
  • 芸能
  • 『うつヌケ』ネットで連ドラ化 ココリコ田中が主演「決めすぎないように生きよう」

『うつヌケ』ネットで連ドラ化 ココリコ田中が主演「決めすぎないように生きよう」

 田中圭一氏によるベストセラー漫画『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』(KADOKAWA)が、今秋より連続ドラマ『うつヌケ』としてネット配信されることがわかった。うつに苦しむ登場人物たちの気持ちに寄り添いながら、うつから抜け出すまでの体験をレポートする主人公・田中圭一を、お笑いコンビ・ココリコ田中直樹が演じる。

【写真】その他の写真を見る


 原作では田中氏の実体験をベースに、うつからの脱出に成功した人々を漫画化。日本人の10人に1人が「うつ」と言われる現代において、誰もが他人事にできない身近なテーマを軽妙なタッチで描いたことで多くの共感を呼び、昨年度の『ユーキャン新語・流行語大賞』や、本年度の第22回手塚治虫文化賞『マンガ大賞』最終候補10作品にノミネートされ、累計発行部数も33万部を突破する大ヒット作となっている。

 そんな注目作が今秋、満を持して連ドラ化。サラリーマン、専業主婦、フリーター…さまざまなバックグラウンドを持つ登場人物の“うつヌケ”成功体験を1話完結型で再現。原作者と同じ名字のココリコ田中が“W田中コンビ”として、同じ境遇で苦しむ人々へエールを送る。

 今回の主演にあたり、田中は「こうじゃなきゃいけない。ああじゃなきゃいけない。とあまり決めすぎないように生きようと僕は思いました。このドラマから僕はそんなヒントをいただきました」とコメント。原作者の田中氏も「うつに苦しむ人の助けになれば…という思いで描き始めたマンガが、まさかドラマになる日が来るなんて、本当にありがたい限りです。あらためてスタッフ&キャストの皆さまに心より御礼申し上げます。そして、このドラマもまた、うつに苦しむ一助になれば幸いです」と呼びかけている。

 ドラマでは、視聴者と同じ目線でうつについて学ぶアシスタント・カネコを大後寿々花が演じ、愛嬌たっぷりのキャラクター“うつくん”も登場する。



関連写真

  • 『うつヌケ』ネットで連ドラ化 ココリコの田中直樹が主演
  • 田中圭一氏によるドラマ化決定のお祝いイラスト
  • 連ドラ『うつヌケ』の場面写真
  • 連ドラ『うつヌケ』の場面写真

オリコントピックス