• ホーム
  • 芸能
  • おいしいパンとビールが好評 「夜のパン屋さん」女性オーナーに密着

おいしいパンとビールが好評 「夜のパン屋さん」女性オーナーに密着

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00)。22日の放送では、パンとビールを武器に仕事帰りの大人たちを虜にする「夜のパン屋さん」オーナーの小林由美さん(32)に密着した。

【写真】その他の写真を見る


 東京都世田谷区の松陰神社前駅の線路際にある彼女の店「good sleep baker」の営業は夕方6時から深夜1時まで(水曜定休日、日曜は午後3時から11時まで)と、パン屋さんのイメージとはちょっと違う。店内にはビアパブを併設し、パンをつまみに全国各地のクラフトビールが楽しめるのが売りだ。オープンは2年前で、「夜に焼きたてのパンが食べられるのがうれしい」「ビールとパンがおいしい」と瞬く間に常連客の心をとらえ、さまざまな雑誌に「夜のパン屋さん」として掲載される人気店となった。

 子どもの頃からお菓子作りが好きだったという小林さん。製菓専門学校に通い、そこでパン作りの魅力にひかれた。しかし、趣味でやっていた音楽の夢が捨て切れず、卒業後はフリーターに。さまざまな職を転々とする中途半端な人生に、「広く浅くで何も成し遂げていない」とコンプレックスを抱えていたという。そんな彼女に転機が訪れる。パン屋さんで働いていた29歳の時だった。「自分のお店を持ちたい」と思い立ち、当時の店長の「やりたいなら早く始めなさい」というひと言に背中を押され、わずか10ヶ月で現在のお店をオープンさせたのだ。

 「仕事帰りにパンを買うついでに一杯飲める場所があったらすごくいい」という彼女は、午後2時から1人で黙々とパンを焼き、人通りが少なくなる深夜まで店に明かりを灯し続ける。深夜までの営業は体への負担も大きく、体調を整えるのが大変だというが、彼女を支える原動力となっているものとは? カメラは「夜のパン屋さん」だけでなく、友人が働くビアパブを飲み歩く…という独特な休日の過ごし方や「冷蔵庫の電源は入ってない」という一人暮らしの自宅にも密着し、飾らない人柄を映し出す。

 VTRには彼女の一番の理解者である父・成行さんも登場。娘の姿を見るため月に数回は店に訪れるという父だが、YOUの大ファンだということが発覚!? ずっと引け目を感じていた「中途半端な人生」というコンプレックスから救い出してくれた父の言葉、そして彼女のセブンルールとは?



関連写真

  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • ビールのあてになるようなパンを販売(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ
  • 5月22日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』パンとビールが売りの「夜のパン屋さん」オーナー・小林由美さんに密着(C)カンテレ

オリコントピックス