• ホーム
  • 芸能
  • 羽生善治竜王が着想、AbemaTVで新将棋番組スタート 藤井聡太七段らが“早指し王”目指す

羽生善治竜王が着想、AbemaTVで新将棋番組スタート 藤井聡太七段らが“早指し王”目指す

 インターネットテレビ局・AbemaTVの「将棋チャンネル」で、羽生善治竜王(永世七冠)の着想から生まれた新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』が6月17日から放送されることが明らかになった。羽生竜王ほか、久保利明王将ら実力者と藤井聡太七段をはじめとする選抜された若手棋士計14名が出場し、将棋界の“早指し王”を目指してトーナメント対決する。

 羽生竜王の着想で作られたトーナメントは、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」で対局が行われる。持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用。チェスでも用いられるものだが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で行います。1対局約30分と初心者でも楽しみやすい、スピーディーな展開が見所のオリジナルルールとなっている。

 トーナメントに参加するのは、先日行われた『第31期竜王戦5組ランキング戦』で見事勝利を収め、最年少で七段に昇段した“天才”藤井七段をはじめ、14名の選ばれたトップ棋士。予選に参加する12名は、A、B、Cの3ブロック各4名に分かれ対決。三番勝負を2度制した2名が、本戦トーナメントへ進出する。

 番組は6月から9月にかけて全13回にわたって放送。トーナメント初回は、6月17日(日)午後8時から放送される。

■羽生善治竜王(永世七冠)コメント

「早指しの『棋戦』というのは公式戦でもあるんですけど、それをもっと速くというのは、なかったというのもあります。
10代の頃だと、一手10秒とかで対局したり、あるいは5分切れ負けでやったりとか、あるといえばあるんですけど、切れ負けにしてしまうと、単なる時計の叩きあいになってしまうので、将棋の要素を最後まで残しながら早く指して、それがファンのみなさんに楽しんでもらえるようになってくれれば。初めての試みというところもありますし、どういった反響というか、反応が返ってくるのか楽しみです。」



オリコントピックス