• ホーム
  • 芸能
  • 新人女優・森七菜、NHKドラマ『やけ弁』でいじめられ役を熱演

新人女優・森七菜、NHKドラマ『やけ弁』でいじめられ役を熱演

 NHK総合で放送中の土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』(26日が最終回 後8:15)。俳優の神木隆之介が演じる新人弁護士・田口が、スクールロイヤーとして法律を武器に、教育現場のさまざまな問題に立ち向かう学園ヒューマンドラマ。19日に放送された第5話では、いじめによる生徒の自殺未遂事件が起こったのだが、クラスメートからのいじめを苦に自殺未遂をする山下未希役を熱演していたのが、森七菜(もり・なな/16)だ。

【写真】その他の写真を見る


 第5話では、田口がスクールロイヤーを務める青葉第一中学で、生徒の自殺未遂事件が発生。教室から飛び降りた未希は一命を取り留めたものの、口を固く閉ざし理由を言わない。教務主任の三浦(田辺誠一)は、田口とともにいじめ調査に乗り出し、2人は行方不明になっていたスマホを発見するが、そこには衝撃的な動画が残されていた…。

 同じクラスの女子生徒4人からのいじめで、クラスの男子生徒に強制的に告白させて、それを隠し撮りしながら、スマホで細かく行動を指示して、面白がっていたのだ。次第に指示はエスカレートし、脅迫や性的強要にまで及んでいた、というもの。犯罪にも該当する重大ないじめがあったことが明らかになり、未希は田口と話し合い、加害者生徒4人と学校を訴える決意を固める。自分の思いを必死に伝え決心するまでの葛藤や逡巡(しゅんじゅん)を表現した森の熱演が光っていた。

 森は、中学3年生だった2016年夏に大分県でスカウトされた後、はじめて受けたオーディションで行定勲監督のウェブCM「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi」に抜てきされ、芸能活動をスタート。昨年は、園子温氏が総監督を務めた『東京ヴァンパイアホテル』(Amazonプライム)で後半に突如登場するヒロインの少女・アカリ役で女優デビューした。映画『心が叫びたがってるんだ。』、ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ)などの話題作にも出演。

 今月13日には、三池崇史氏が総監督を務めていることでも話題のテレビ東京系『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』(毎週日曜 前7:00)第7話にゲスト出演し、生徒会長を夢見る明るく元気なキャラクターの永田マチコ役を演じて、そのかわいらしさも話題になっていた。同時期に放送されたドラマで、真逆の役柄を演じ分ける新人離れした演技力を見せつけた森。来月で女優デビューから1年。今後の活躍が期待される新人女優だ。



関連写真

  • 新人女優の森七菜、16歳
  • 土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』最終回(5月26日放送)より(C)NHK
  • 土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』最終回(5月26日放送)より(C)NHK
  • 土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』最終回(5月26日放送)より(C)NHK
  • 土曜ドラマ『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』最終回(5月26日放送)より(C)NHK

オリコントピックス