• ホーム
  • 芸能
  • 波瑠、日テレ連ドラ初主演 伊勢谷友介と“婚活”テーマの痛快コメディー

波瑠、日テレ連ドラ初主演 伊勢谷友介と“婚活”テーマの痛快コメディー

 女優の波瑠が7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜 後10:00)で同局連ドラ初主演を務めることがわかった。寿退社したその日に婚約破棄された“どん底ヒロイン”に波瑠、そしてそんな彼女をスパルタで導く毒舌上司に同局連ドラ初出演となる伊勢谷友介が起用。凸凹コンビで描く痛快コメディーとなっており、波瑠と伊勢谷は今回が初共演となる。

 同ドラマの原作は大橋弘祐氏による小説『SURVIVAL(サバイバル)・ WEDDING(ウェディング)」(文響社)。勤めていた出版社を寿退社した日に、婚約破棄されてしまった29歳の主人公・黒木さやか(波瑠)。そんな残念な彼女の前に人気雑誌の毒舌・ナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人(伊勢谷)が現れ、「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させる。

 宇佐美は海外有名ブランドのマーケティング手法を応用した恋愛テクニックを伝授し、さやかの“市場価値”を、ハイブランドのように高めようと戦略を企てる。そして結婚に至るまでの婚活記録を雑誌で連載することをさやかに命じるのだった…。さやかは傍若無人な編集長に振り回され、反発しながらも、恋に仕事に全力で立ち向かっていく。

 頑張り屋さんで一生懸命ながら不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い、という役柄に波瑠は「さやかという人物に対して観てくださる方が共感し、『応援したい!』と思ってもらえるよう、一生懸命演じたいと思います。また作品を通して、さやかも成長していくと思うので、見守って頂けたらうれしいです」とどん底だけど“愛されヒロイン”を目指すことを約束。

 憎たらしいのに、憎めない。ちょっと強引な正論をとびきりの毒舌で言い放つオレ様上司を演じる伊勢谷は「宇佐美役がぴったりと言われるのは、本当は嫌なんです。だって、宇佐美はかなり“やなヤツ”ですから。でも、この前演じたのも嫌われ社長役でしたし、僕は“やなヤツ”の役が合っていると40歳を過ぎて身に染みて分かったので、この路線で頑張っていきたいなと思います(笑)」と自虐しつつも意気込み。

「“やなヤツ”ではありますが宇佐美は雑誌の編集長ですから、真ん中にある部下に対する愛情も垣間見えるキャラクターになれれば少しは救いがあるかなと思うので、そういう人物を目指して頑張ります。たぶん気持ち悪い芝居もするかもしれないけど、波瑠さんには引かないで頑張ってほしいです(笑)」とお茶目に呼びかけていた。



関連写真

  • ドラマ『サバイバル・ウェディング』で初共演する波瑠、伊勢谷友介 (C)日本テレビ
  • どん底ヒロインが幸せを求め這い上がる痛快コメディー (C)日本テレビ

オリコントピックス