• ホーム
  • 芸能
  • 有働由美子、民放初出演は日テレ特番 仏ロケでルーヴル美術館へ

有働由美子、民放初出演は日テレ特番 仏ロケでルーヴル美術館へ

 NHKを退局したフリーアナウンサーの有働由美子(49)が6月2日放送の日本テレビ系『開局65年記念番組 日本テレビ+ルーヴル美術館「その顔が見たい!」』(後7:00〜8:54)で民放初出演を飾ることが明らかになった。

【写真】有働アナ、ひざ上ワンピで引き締まった美脚披露


 番組は「人間の顔と人生」をテーマに、過去の名画に秘められた真実や、実在の人物の人生に迫る内容。有働はフランスへロケに赴き、パリ市内で様々な魅力を持つ女性たちの“顔”を直撃リポート。さらに、ルーヴル美術館では英雄ナポレオンと悲劇の王妃マリーアントワネットの「本当の顔」が残された歴史的名画の秘密に迫る。

 早朝の凱旋門前からスタートしたフランスロケ。シャンゼリゼ通りを歩きながら街頭リポートを始めたその時、すぐ横で自動車追突事故が発生。しかも、追突した運転手は車を乗り捨てて逃亡し、それを追いかける警察官。これでジャーナリスト魂に火がついたのか、有働も犯人を追跡しながら必死のリポートを開始するなど、民放初ロケはまさかの波乱が待ち受ける展開だった。

 有働は「NHKを辞めて、民放で初めてのロケ。さすがに図太い私も緊張と不安のまま、仏パリに入ったのですが…撮影開始早々、シャンゼリゼ通りで犯人が警察から逃亡する事件現場に遭遇。さらにルーブル美術館では、まさかの全館貸切ロケに、終始テンションが上がりっぱなし、と、あれよあれよという間に民放での初ロケを終えました」と怒とうのフランス滞在を振り返った。

 また「そこで確信したのは、テレビの制作現場は、局がどこであろうと、作り手の皆さんの熱意によるものなんだという事。これならばきっと、今後もやっていけるな…とホッとしております」と語り、感じることも多かったようだ。視聴者へは「なにしろNHKに27年も出ていましたので、ご覧になって違和感のある方もいらっしゃるかと思いますが、今回の民放初出演、よければ視てやってください」と呼びかけている。

 番組はMCに上田晋也、スタジオゲストに佐藤仁美、下川 美奈(日本テレビ報道局社会部)、高橋真麻、中野京子(西洋文化史家)、丸山桂里奈渡辺直美を迎える。



関連写真

  • 日本テレビ『その顔が見たい!』で民放初出演する有働由美子アナ(C)日本テレビ
  • 日本テレビ『その顔が見たい!』で民放初出演する有働由美子アナ(C)日本テレビ

オリコントピックス