• ホーム
  • 芸能
  • 魔裟斗&矢沢心「夫婦漫才のように日々仲良く」家庭円満アピール

魔裟斗&矢沢心「夫婦漫才のように日々仲良く」家庭円満アピール

 元K-1世界チャンピオンの魔裟斗と女優・矢沢心夫妻がパーソナリティを務めるラジオ『笑顔のミナモト』(ニッポン放送)の公開収録が12日、東京・有楽町のニッポン放送イマジンスタジオで行われた。2007年に結婚し、5歳と3歳の2女をもうけている2人が自ら「夫婦漫才のように日々仲良く過ごしています」と語るように、仲睦まじいトークを繰り広げた。

【写真】その他の写真を見る


 育児の話について魔裟斗は、長女が2歳の頃に何でも「嫌!」と言っていまう“イヤイヤ期”の話を披露。当時、矢沢は第2子を妊娠中で入院しており、魔裟斗が長女の面倒を見ていたが、「(魔裟斗自身が)日に日にやせていきました。心労でやせるってこんなに辛いんだな、って。(格闘技の)減量とは全然違う」と回顧。元K-1世界王者の意外な一面を明かした。

 また、子どもの幼稚園運動会のリレーに参加し、魔裟斗が転倒してしまったエピソードも告白。「10キロ走ったりするけど、短距離をダッシュすることがなくて。しかも後ろから追い上げてきたプレッシャーもあって、足がもつれた」と反省。だが、矢沢は「魔裟斗さんが綱引きを頑張ってくれて勝った。そうすると子どもが『パパ、カッコよかった!』って」とフォロー。夫が名誉挽回していた話で、会場を笑顔にしていた。

 そんな2人だが、過去に4年間に渡っての経験した不妊治療を綴った著書『夫婦で歩んだ不妊治療』を今年発売。矢沢は「魔裟斗さんが最初は子ども好きじゃなくて、興味もなかったのが次第に変わっていく姿が詰まっている」とアピール。魔裟斗は“妊活”に「早く動いて、遠回りしない方がいい」と躊躇せずに早めに病院に行くことを勧めていた。

 『笑顔のミナモト』は月曜20時から放送。今回の公開収録の模様は5月21日、28日に放送される。



関連写真

  • ラジオ『笑顔のミナモト』(ニッポン放送)の公開収録を行った元K-1世界チャンピオンの魔裟斗と女優・矢沢心夫妻 (C)oricon ME inc.
  • ラジオ『笑顔のミナモト』(ニッポン放送)の公開収録を行った元K-1世界チャンピオンの魔裟斗と女優・矢沢心夫妻 (C)oricon ME inc.
  • ラジオ『笑顔のミナモト』(ニッポン放送)の公開収録を行った元K-1世界チャンピオンの魔裟斗と女優・矢沢心夫妻 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス