• ホーム
  • 芸能
  • 元日テレ・山本舞衣子アナ、第2子女児出産「姉妹で寄り添う姿は幸せな光景」

元日テレ・山本舞衣子アナ、第2子女児出産「姉妹で寄り添う姿は幸せな光景」

 元日本テレビで現在フリーの山本舞衣子アナウンサー(39)が10日に第2子となる3268グラムの女児を出産した。11日、自身のブログで報告した。母子ともに健康。

元日テレ・脊山麻理子、初DVDアピール!


 山本アナは「昨年末にはつわりも治まりいわゆる『安定期』に入っていたのですが、その矢先、切迫流産と診断されました」と明かし「赤ちゃんの重みを支える子宮頸管が通常の半分ぐらいまで急に短くなってしまい、ここ4ヶ月あまり自宅安静をしていました」と、これまでの経緯を説明。

 「検診以外の外出禁止・ひたすら横になるしかなく、いつ生まれてしまうかと毎日ひやひやでした」とつづり「無事に39週まで持ち、3268グラムの元気な子を出産できてほっとしていますが、安定期なんて最後までなかったなと思います」と記した。

 長女(2014年誕生)の入園前の時期で、育児がある中での安静生活は難しいものがあったという山本アナ。「そんな中、近所のママ友さん達が外遊びに連れ出してくれたり、お宅で預かってくれたりと…本当に多くの方々に助けて頂きました。人の温かさに救われ、育まれた命でした」と感謝の言葉を伝えた。

 最後は「姉妹で寄り添う姿は何とも幸せな光景です。さらに賑やかになった我が家ですが私も体力を戻しつつ、2人目育児に邁進したいと思います」と決意を新たにし「また落ち着きましたら、お仕事を通じて皆様にお目にかかれたら幸いです」とメッセージした。

 山本アナは2002年日本テレビ入社し、『ズームイン!!SUPER』『Oha!4』『高校生クイズ』ほか多数の番組を担当。その後、11年5月よりフリーアナウンサーとして活動している。プライベートでは、09年に結婚し、14年に長女を出産。



オリコントピックス