• ホーム
  • 映画
  • 中村ゆり、西田尚美ら出演 ショートフィルム『美知の通勤電車』予告完成

中村ゆり、西田尚美ら出演 ショートフィルム『美知の通勤電車』予告完成

 母と乗る通勤電車で成長する少女の記録を描くショートフィルム『美知の通勤電車』の予告編が完成し、母の日を直前に控えた11日より公開された。

斎藤工&永野&金子ノブアキが“チーム”結成 ショートフィルム自主制作 (18年05月05日)


 同作は、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)』の短編小説公募プロジェクト「ブックショート」が、2017年にアース製薬の協賛で立ち上げた「EARTH Act For Life AWARD」で大賞を受賞した作品。

 娘を会社の保育所に預けるため、満員電車で通勤してきた親子の物語が描かれ、電車内で出会う人々と交わされる様々な絆や思いやりのかたちが表現されている。母親役を中村ゆり、娘・美知役はオーディションで選ばれた田中乃愛(幼少期)と高須柚羽(小学生期)。そのほか、西田尚美川原和久らが出演する。監督は、ACCグランプリほか数々の広告賞などで受賞歴のある映像ディレクター・田中嗣久氏が務める。

 「ブックショート」とは、一般公募した短編小説をショートフィルム化するプロジェクトとして、14年より展開している。17年に開催した「EARTH Act For Life AWARD」では、“家族を思う気持ち”をテーマに、全国から短編小説581作が集まった。完成したショートフィルム作品は、6月5日・8日の2回、SSFF & ASIA2018「BRANDED SHORTS」内(会場:アンダーズ 東京 Andaz Studio)で上映されるとともに、6月4日よりWEBでの公開を予定している。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • ショートフィルム『美知の通勤電車』の予告編が公開
  • 中村ゆりが母親役を演じている

オリコントピックス