• ホーム
  • 芸能
  • りょう、7年ぶりドラマ主演 女性版『島耕作』を「力強く演じていきたい」

りょう、7年ぶりドラマ主演 女性版『島耕作』を「力強く演じていきたい」

 女優のりょうが、読売テレビ・日本テレビ系で7月に放送されるスペシャルドラマ「島耕作シリーズ35周年企画『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編」で、7年ぶりにドラマ主演を務めることがわかった。今年連載35周年を迎えた弘兼憲史氏の人気コミック『島耕作シリーズ』の最新スピンオフを実写化する。りょうが演じるのは、島耕作が会長を務める大手電機メーカー『テコット』の女性部長・風花凜子(かぜはな・りんこ)。彼女がセクハラ・パワハラ、働き方改革、社内不倫など、同時代的な問題に直面しながらも、仕事と恋に奮闘する、まさに“女性版 島耕作”のような物語を描いていく。

【写真】その他の写真を見る


 現在、『モーニング』(講談社)では『会長 島耕作』が連載中。『会長 島耕作 特別編 部長 風花凜子の恋』は、同誌5月24日発売号から全6回(予定)にわたり掲載される。原作の弘兼氏は「久しぶりの映像化をうれしく思います。僕の漫画をどんな風に料理してくださるのか、ドラマを拝見するのが今から楽しみです」と期待を寄せる。

 バリバリのキャリアウーマンである風花凜子は、社内の重要なプロジェクトを任され、異例の若さで執行役員候補にまで上り詰める一方、プライベートでは恋人との交際も順調で、彼が経営するジャズ喫茶でサックス演奏を披露するというフランクな一面も持つ。まさに絶妙な「ワークライフバランス」を実践し、公私ともに順風満帆な人生を謳歌している凜子だったが、彼女の活躍を快く思わないライバル社員たちは、彼女を失脚させようと画策。さらに、恋人との関係にも暗雲が立ち込め始める。

 現代女性の憧れのようなキャラクターを等身大に演じるにあたり、りょうは「社会進出はおろか差別も根深く残る世の中で それでもなんとか折り合いをつけて うっすらとした希望を頼りに 混沌とした現実の中を働き進む女性達へ 一人の人間として真っ直ぐ奮闘する風花凜子の生き様を 力強く演じていきたいです」と掲げている。

 同ドラマは同局深夜帯『プラチナイト』枠にて2週連続放送。



関連写真

  • 読売テレビ・日本テレビ系で7月に放送される島耕作シリーズ35周年企画「『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編」に主演するりょう
  • 読売テレビ・日本テレビ系で7月に放送される島耕作シリーズ35周年企画「『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編」原作イラスト (C)弘兼憲史/講談社
  • 読売テレビ・日本テレビ系で7月に放送される島耕作シリーズ35周年企画「『部長 風花凜子の恋』会長 島耕作 特別編」ロゴ (C)読売テレビ

オリコントピックス