• ホーム
  • 芸能
  • 「得意分野なんか1個もない」と語る女優・吉田羊のON・OFFに密着

「得意分野なんか1個もない」と語る女優・吉田羊のON・OFFに密着

 さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着し、意識・無意識にかかわらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、掘り下げていく関西テレビ・フジテレビ系ドキュメンタリー『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00)。8日の放送では、女優の吉田羊に密着した。

【写真】その他の写真を見る


 ドラマや映画で重要な役を演じ、2016年にはCM出演本数で女性タレント部門のナンバー1に輝くなど、大ブレイクを果たしたが、脚光を浴びるまでには長い年月が必要だった。福岡県久留米市で5人兄妹の末っ子として生まれ育った。優秀な兄や姉に比べて「スポーツができたわけでもないし、勉強ができたわけでもないし、中の下だった」という子どもの頃は、「ほめられることへの渇望がすごかった」という。

 東京の大学に進学し、たまたま見かけた舞台役者の募集広告に応募して小劇場の世界へ。ここでようやくほめられることを見付けたかに思えたが、理想とは裏腹に観客から自分の芝居についてほめられることはなかった。その悔しさをバネに舞台に立ち続けているうちに10年が経過。さらに映像作品にも活躍の場を広げ、さまざまな脇役を演じながら芝居を続けた。そして、2014年にドラマ『HERO』に抜てきされたことで一躍脚光を浴び、瞬く間に主演女優に駆け上った。

 小劇場から20年演じ続け、異例の大ブレイクを果たした今も「自分には何もない」、「得意分野なんか1個もない」、「お芝居やってて本当に下手だと思う」と控えめな発言を繰り返す。そんな彼女が仕事現場で見せるスタッフたちへのさり気ない気配りやプライベートでの買い物の様子など、誰も知らないリアルな裏側にもカメラが密着。男性からも女性からも高い支持を集める人気女優・吉田羊の素顔、芝居では見せない胸の内、そしてセブンルールとは?

 スタジオでは、小劇場の演出家出身の本谷有希子が「『HERO』に抜てきされた時は小劇場界がザワザワした」と当時を振り返り、「小劇場の世界から今の地位に昇りつめたのはすごい」と、リアルな感想を語っていた。



関連写真

  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 隣は放送作家の鈴木おさむ氏(C)カンテレ
  • スタジオキャスト(左から)青木崇高、YOU、本谷有希子、若林正恭(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ
  • 5月8日放送、カンテレ・フジテレビ系『7RULES(セブンルール)』女優・吉田羊に密着(C)カンテレ

オリコントピックス