• ホーム
  • 映画
  • 阿部サダヲ、鮮烈メイクでロックスターに 吉岡里帆の小さすぎる歌声を一蹴

阿部サダヲ、鮮烈メイクでロックスターに 吉岡里帆の小さすぎる歌声を一蹴

 俳優の阿部サダヲが主演する映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開)の特報&ティザービジュアルが解禁された。ロックスターを演じる阿部が、マリリン・マンソンを彷彿させる奇抜なメイクを施した姿を初披露した。

 驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さいストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)だった。2つの歌声が出会ったとき、ミラクルが起きる!?

 監督・脚本は『時効警察』シリーズや映画『俺俺』『インスタント沼』『転々』などの三木聡氏。千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらが共演する。

 特報では、吉岡演じるヒロイン・ふうかの歌声も初解禁された。小さすぎる歌声に対して、シンは「不燃ごみ」と一蹴。ふうかは落ち込む間もなく、映画のタイトル通り「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」と大声でツッコまれ、唖然。最後にはふうかの絶叫する姿が映るなど、ハイテンションな映像になっている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



オリコントピックス